トレース9話ネタバレあらすじ感想!和田正人さんの号泣演技が最高!

ドラマトレースのイラスト画像

残り3話となったトレースですが、未だ真野礼二の過去の事件の真相が闇に隠されたまま明かされていません。怪しき人物は唯一人で、警視庁刑事部長の壇です。

いったいこの壇は真野の事件となにか関わっているのでしょうか。9話のあらすじと感想をまとめました。残念ながらまだ真野の過去の話は進みませんでしたが真野に協力してくれそうな人物が現れました。最後まで見てください。

トレース9話のあらすじ恋人を待ち続けていた彼女に悲劇が起きた

信じたい人がそこにはいた

沢口ノンナ(新木優子)が帰宅中に真野礼二(錦戸亮)と早川(萩原聖人)が会っていることを知りました。

そこで真野は早川に殺害された姉が妊娠していて当時の交際関係を探ってもらっていましたが、早川が当時の生徒に聞いてみたが交際の情報はありませんでした。

なかなか進展しないことに対して真野は憤りを感じていました。それからノンナは真野がまだ事件のことを調べていることに気づき、私になにか出来ないかということばかり考えていたのです。

虎丸(船越英一郎)はアパートで殺害された胡桃沢綾乃(大友花恋)を見て、何かを感じていました。死因は脳挫傷で凶器は見つかっていません。また、頬になにかでひっかかれた傷がありました。

そして、被害者の携帯に残っていた指紋や目撃証言から容疑者として元恋人の富樫康太(和田正人)があげられたのです。

綾乃には婚約者がいて、痴情のもつれで事件が起きたのではないかと推測されています。富樫は7年前に綾乃と結婚するために企業に就職をしたが、その企業が暴力団とのつながりがあり、悪行を行っていました。

しかし、気づいたときにはもう遅く、逃げることができない状況でした。富樫は暴行を受けているときに恐怖心で相手の暴力団の1人を刺して殺してしまいました。

それで今まで7年間服役をしていて最近仮出所をしたばかりでした。虎丸はどうしても富樫が犯人だとは思えないといい、鑑定を真野たちに頼みに来ました。虎丸は仮出所する前にもう戻ってくるなよと約束をしていたことから情に流されていました。

漢・虎丸の行動が人の心を動かす

鑑定の結果、他のDNAや指紋などは検出されませんでした。ただ、頬の傷にバラの花粉が付着していてバラでつけられた傷ではないかということがわかったのです。

しかし、富樫が事件の夜に黄色いバラを購入していることがわかり、富樫の犯行がほぼ間違いないことを立証してしまったのです。

それでも虎丸は富樫がやっていないと思っていました。その情を断ち切るかのように真野は虎丸にあなたが信じるか、信じないかはどうでもいい、全ては鑑定結果が教えてくれるといいました。

それを聞いた虎丸はそうだなと怒らず冷静になり去っていきました。その後、富樫はお年寄りなどを暴行する事件を起こしてしまったのです。追い詰められた富樫は虎丸に電話をして、富樫ははめられたと言いました。

富樫は綾乃が殺されたのは前自分が殺してしまった暴力団関係者だと思っています。虎丸は富樫に出頭しろ、それから事情は聞くと言いましたが、富樫は自分を信じてくれるのは綾乃だけで誰も信じてくれないといい電話を切りました。

そして次の日、虎丸は捜査一課長の江波(篠井英介)から担当を外されてしまいます。それから虎丸は真野に会いに行ったのです。真野に正式な依頼ではないがもう一度調べてほしいと頼みました。虎丸はあの電話で俺も信じているとすぐに言えなかったことを後悔していました。

それから富樫の生い立ちを真野に伝えます。富樫は父親も犯罪者で子供の頃から差別を受けていました。綾乃と働いていたレストランで売上金が紛失する事件が起きて、真っ先に富樫が疑われてしまったのです。

綾乃は富樫を引き止めてずっと信じていました。富樫は初めて信じてくれる人が現れたと思い、生きる希望を持ったのです。

信じてくれた人をもっと信じていたかった

虎丸はこれから迷惑をかけるノンナにも話をしに行きました。そこでノンナは虎丸に聞きたかったことがあるといい、虎丸の勘はどれくらい当たるのかを聞いてきました。

ホームレスで亡くなった新妻のことをどう思うか、武蔵野一家殺人事件と関わりがあるのかを聞くと、虎丸はただの事故だと言ってその場を去りました。

ノンナから真野がホームレスの事件を追っていることを知り、資料室で武蔵野一家殺人事件の資料を見ました。それに戸籍謄本も調べると、真野が武蔵野一家殺人事件の被害者であることを知ったのです。そんな中、事件は急展開しだしました。

真野は頬の傷はバラでつけられたものであるが、富樫が買ったお店のものとは一致しなかったのです。さらに、暴行を受けたお年寄りが意識を取り戻し、富樫に助けられたと言います。

そして、虎丸のもとに再度富樫から電話がかかってきて、今から復讐をすると言ってきました。富樫は綾乃が殺されたのは自分がころした暴力関係者の仕業だと思っています。

しかし、真野がその証拠はあるのですかと聞き、復讐をさせるのを止めて事件当日に見たことを問います。

すると、富樫が入ってきたときに綾乃の顔に光が刺していたことを思いだします。現場に向かうと、家の前にあるパチンコ屋の光ということがわかりましたが、警察が入ってきたときにはクローゼットの扉が開いていて、それを再現すると光は顔に当たらなかったのです。

そこから考えられることは誰かがクローゼットの中にいて、富樫が去った後自分もそのまま逃げたということです。そのことに気づいた真野はクローゼットに耳を押し当てた形跡がないか調べたところ犯人がわかったのです。犯人は綾乃の婚約者です。

しかし、綾乃は実は婚約しておらず、あっちが一方的に迫ってきていました。それでおかしくなった婚約者が殴ってしまったのです。最後まで富樫を信じて待っていたことを知った富樫は涙が止まりませんでした。

『トレース〜科捜研の男〜』9話感想こんなにも信頼をしてくれる人が人生において2人もいれば最高な人生です

最高なカップル

事件を起こして7年間服役の恋人をひたすら待ち続けていた綾乃が最高な彼女としか思えません。最初は婚約者が出来て、それはそうなると思っていましたが、それも綾乃は応えておらず綾乃はただ富樫だけを待っていたのです。

面会シーンがかなり感動しました。安い指輪をあげて今度はダイアモンドの指輪を買うからなとプロポーズっぽい事を言っていた富樫は面会でごめんな、ダイアモンドの指輪を買えなくてと言うと、もう指輪はもらったからと前にもらった指輪を見せます。なんていい彼女なのだと誰もが感じるシーンでした。

虎丸の優しさが異常

少しネットでも騒いでいると思うのですが虎丸が怒鳴らなくなったことです。いや、むしろ優しくなりすぎなのではないかなと感じさせられるほど性格が変わりました。

服役した犯罪者の気持ちに寄り添い、もう戻ってくるなと優しくいう人には最初思えませんでした。さらに、真野に対してもかなり印象が変わっています。

最初は小僧だ、生意気だと言っていましたが何も怒らずむしろ自ら頭を下げて頼み込んでいました。虎丸には双子の兄弟がいるのかなと思えるくらい別人です。

ドラマ的にも虎丸がうるさすぎると捜査も進みにくくなるし、観ている人も気持ちよくないと判断し少し脚本を変えたのかなと思っています。

真野の過去に対して協力者が

今回で真野の事件を知った虎丸。次回予告で虎丸が真野と一緒に過去の事件を探っているようなシーンが映し出されました。

冒頭で早川が僕らの力じゃ限界があるといい、警察の協力が必要だと言います。しかし、真野は警察なんて信用出来ないとバッサリ言いました。虎丸なら信用できるのでしょうか。

そこで信用していたらかなり感動しますね。さらに、虎丸もホームレスの事件を疑っていたのでそこで結びつくこと間違いないです。

少し気になるのはベテラン刑事の虎丸なら武蔵野一家殺人事件についてなにかしら知っているのではないでしょうか。そこで新たな真実を知るということも考えられます。残り2話楽しんでいきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です