トレース8話のネタバレあらすじ感想!人を守る大変さ、切なさが感じられました

ドラマトレースのイラスト画像

今回の8話で泣かない人はいないくらい壮大なストーリーで悲しい結末が待っていました。そんな第8話のあらすじと感想をまとめてみました。

ぜひ一読して見ください
感動すること間違いないです。

トレース8話あらすじ 3人の友情がもたらした悲しい結末

すべてを知っているものは一体誰なのだ、本当に事件はこれで終わりか?

沢口ノンナ(新木優子)のもとに妹の友人である女優・莉央(石橋杏奈)がやって来て、ある事件の調査を依頼されます。その事件とは莉央の幼馴染である御手洗治(渋谷謙人)が友人の根岸秀司(落合モトキ)をナイフで刺したことです。

莉央と御手洗と根岸は同じ児童施設で育った幼馴染だったのです。御手洗はナイフで刺した11時頃にすぐに警察に自首の電話をしていました。

しかし、真野礼二(錦戸亮)は鑑識が撮影した遺体の写真を見て、血の渇き具合から御手洗が供述した11時に殺したというのが事実とは異なることに気づきました。

この血液で現場の温度なども考慮すると殺害されたのは撮影された12時から2時間以上前の10時前だと虎丸(船越英一郎)に言います。

殺してから電話まで1時間の空白があったことがわかり、御手洗が隠している真実を探り出します。真野たちが臨場した結果、珍しい猫の毛が落ちていてペットショップを全て当たり最近その猫を購入した人物にたどり着きました。

その人物は益山英彰という人物で虎丸たちは益山の家に向かったのです。家で呼び鈴を鳴らしたがいる様子がなく扉を開けると開いていました。そして、部屋に入ってみると血のついた猫がいて、奥を見ると益山はもうすでに死亡していたのです。

益山は週刊誌のフリーライターで、殺害された日は根岸が殺された人同じでした。事件は急に動き出し、御手洗はそのことを追求されるとすべてを語りだしました。御手洗と根岸は金を持っていそう人を狙い強盗に入ろうとしていたのです。

しかし、その日根岸が抜け駆けをして、益山と出くわしてしまいつい殺してしまいました。その盗お金について揉めてしまい御手洗が根岸を殺したのです。さらに御手洗は盗んだお金を埋めていてそれを隠すために事実を隠していました。事件は解決したのです。

事件は終わってない、御手洗が隠し続ける真実とは

そのことをすべて莉央に伝えると、莉央は子供の頃に支えてもらいずっと一緒にいたことなど過去のことを語りだします。

しかし、莉央が芸能事務所に入ることをきっかけに3人の関係がずれだしました。そして莉央は2人のことを見捨てた罪悪感を負っていたのです。

虎丸はその話を聞いてより御手洗がまだなにか隠しているのではないか考えていました。鑑定結果にもおかしなところが出てきて、虎丸は再捜査をし始めたのです。

益山のマンションに大金があることをなぜあの二人は知っていたのかを益山の交友関係などから洗い出し始めました。

しかし、接点が何も見つからず、そのときある資料に目を向けたのです。それは益山のおじが殺された事件でそれを見た虎丸は莉央の戸籍を取ってくるように指示しました。

さらに、真野は被害者の血痕マップを辿った結果根岸は金品目的で益山を殺していないということを発見したのです。

他にも足跡を調べると微妙に違う人の足跡が見つかり、根岸意外に殺害された後に金品を盗んだ犯人がいました。それが御手洗で、御手洗は金品を盗んだことを隠し続けていたことからそこに事件を解く鍵が隠されているのです。そして虎丸の捜査と鑑定結果ですべての道が1本になりました。

真相がついに明らかに、そこで待っている悲しい事実

事件の真相が全てわかり、それをノンナは莉央に伝えます。御手洗は根岸が益山を殺した本当の理由を隠すためにずっと嘘をついていたのです。

その真相とは、益山のおじが殺された事件にありました。益山のおじは莉央の実の父親で莉央は性的虐待を頻繁にされていたのです。

我慢ができなかった莉央は父親を殺してしまいその後児童施設に入りました。それを知った益山は御手洗と根岸に近づき、月30万円払えば黙ってやると脅しだしたのです。どうしても莉央を守りたい二人はその要求を飲み昼夜問わず働きました。

しかし、莉央が売れる度に請求額が大きくなり、体も限界になっていたのです。そして、振り込め詐欺に加担しました。それも限界になり、益山に話をしに行きましたが聞く耳を持たれずに根岸はナイフで益山を刺してしまったのです。

その後、益山は死ぬ間際に弟・ゆうたに連絡をして、根岸を刺しに来ました。何も知らぬ帰宅した御手洗は根岸に俺を刺してその罪をかばってくれと言います。すべては莉央を守るために起こした2人の罪だったのです。

莉央が二人に他人と言われていたのを気にしていましたが、それは芸能事務所の人に莉央のためにとお願いされたことで二人も莉央のために莉央から遠ざかったのです。

トレース8話の感想 同じ辛い境遇を送ってきた人たちにしかわからない覚悟がある

ダウトの伏線回収にあっぱれ

児童施設で3人がダウトをするシーンがありました。ただ、3人の仲の良さを印象づけるためのシーンだと思っていましたが、それだけでは終わりませんでした。

根岸が刺されて御手洗に頼むときに、御手洗が根岸を指す必要があるのかなと思った瞬間、根岸はそうしないと警察はごまかせない、お前は嘘が下手だからなというシーンがありました。

実はダウトのシーンでも御手洗がすぐ嘘ついていることがわかり、嘘が下手だなと言うセリフを言っていました。なんという伏線の回収でしょう。シーンの使い方が無駄なくて演出がすごかったです。

死に際の演技がリアルすぎる

根岸が刺され何も知らずに帰ってきた御手洗のこのシーンから最後御手洗が根岸を震えながら刺したシーンですが、涙なしでは観ることができなかったです。

刺されてしゃべるのもやっとな根岸が震えながら御手洗に話しかけるところは感情移入と言うよりかはその演技に震えました。

そして根岸が莉央のために俺は死ぬ、お前は罪を背負ってくれというセリフはすごく考えさせられました。人は人を守るために人生を捧げる覚悟がないと守る事はできないと言われているみたいで怖かったです。

そう簡単に守るよという言葉を使えなくなりました。この二人は莉央がいたからこそ人生楽しく生きていけたので莉央のためなら覚悟が決まったのでしょう。

よく考えてください、友達や恋人を守るためにあなた達は本当に人生を捧げられますか?そのようなことを考えさせられる内容でした。御手洗役の渋谷謙人さんと根岸役の落合モトキさんの演技がすべてを語っていました。覚悟、真剣、愛などすべての感情が伝わる最高の演技がったと思います。

虎丸の男気に感動

虎丸ってこんな優しかったのかなと思うくらいキャラが変わってきていますが、今回でも虎丸らしくないシーンがありました。

すべての真相が明らかになり、莉央の過去の過ちが世間に知らされることを心配していた御手洗は虎丸に聞きました。

莉央のこともすべて報道されるのかなと。虎丸はそうだなとうなずきましたが、それは証拠があればなと言って益山が莉央の過去を知っていた証拠はなく、さらに御手洗は供述に嘘をついていたことから証言の信憑性に欠けると言い出しました。

最終的には同期不明という形で送検されたのです。最後に虎丸が御手洗によく1人でここまでがんばったなと言いました。虎丸の優しさに全国民が感動したのは間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です