トレース6話ネタバレあらすじ感想!錦戸亮さんと小雪さんの演技に注目

ドラマトレースのイラスト画像

トレース6話を今回も熱く書いて行こうと思います!

トレース〜科捜研の男〜6話あらすじ鑑定結果は裏切らない

真野の過去の事件を握る最重要人物現れる!?

ある夜、真野礼二(錦戸亮は)に電話がかかってき、お兄さんのことで話したいことがあると男に言われました。そして、指定された場所に向かったがそこに男は現れませんでした。

そんな中、河川敷でホームレスの変死体が見つかり、被害者は新妻大輔。高校3年生のときに行方不明で母親からも捜索願が出ていました。

死因は溺死でしたが、体内に液体は残っていて体には濡れている痕跡がなかったのです。さらに、現場には血痕が付着した軍手が落ちていました。

虎丸(船越英一郎)らはその摂取した液体と軍手の血痕を鑑定してから臨場してほしいと頼みに来ました。

それを聞いた科長の貝塚律子(小雪)は担当を水沢英里(岡崎紗絵)にしようとしましたが、みんなの意見で女性をホームレスの現場に向かわせるのは危険だと思い、結局真野が担当を受け持ったのですが、なぜか沢口ノンナ(新木優子)も加わることになりました。

鑑定の結果、液体は水道水だということが判明しました。さらに、血痕のついた軍手の方はいくつかの小さな穴が空いており、男性1人、女性2人の古い血痕が付着していて、データベースと一致する人もいませんでした。

虎丸らは事件とは関係なくホームレスが拾ってきたものだと予想しましたが、真野はその軍手が気になっていました。

そして、臨場に向かい、水道水の水を摂取しました。するとそこに、花を持った早川尚文(萩原聖人)が現れました。

その人に話を聞くと、被害者の元担任で事件をテレビで聞き、花をお供えに来たと言います。さらに虎丸らが高校生の時に失踪したことでなにか理由を知らないかと尋ねると、友人が犯した事件のせいでショックを受けていたことを話します。

その事件こそが真野の頭から消すことが出来ない「武蔵野一家殺人事件」だったのです。

真野の異変によって事件の真相が闇の中へ

採取した水道水と遺体の中にあった水とは不一致でした。そして、虎丸とノンナは真野の様子がおかしいことに気づきました。

そこで、ノンナは科捜研の研究員に「武蔵野一家殺人事件」について聞いたところ、当時は元科長が鑑定を担当し、その下に貝塚がついていました。

一方、事件は虎丸の予想通りホームレスたちは頻繁に家電などを買っていたことがわかったのです。虎丸らはお金の出処を調べ始めました。

そのとき、真野は一人で事件現場にいって、元締めと思われるホームレスの家の中にあった氷を盗み出しました。

しかし、それがホームレスにバレていて、出た瞬間に殴られてしまったのです。そんなとき、早川が真野を助けました。

そこで真野は早川にあの事件の犯人の弟と言い出します。そこで知らされたのは兄と新妻は友人ではなく新妻こそが兄をいじめていた主犯の1人だったのです。

そして、真野が殴られたことによってホームレスを傷害罪で引っ張ることができ、ガサ入れをしたところたくさんの薬がでました。

生活保護でもらっていた薬を違法で売買していたのです。さらに、氷の鑑定結果で遺体の中にあった液体と一致しました。新妻は頻繁に氷をもらっていたのです。

そこで考えられたのが氷を喉につまらせた窒息死です。真野も確実な証拠がないまま窒息死として判断しました。その真野を見て虎丸は変な異変に感じ、この事件は事故死でないと考えて再捜査をします。

真野が知らなかった事実が次々に明かされる

真野は「武蔵野一家殺人事件」のことを知っている人が現れてから事件のことで頭がいっぱいでした。そこで、前の科長に会いに行こうとしたが、もう亡くなっていました。

すると、ノンナに貝塚に聞いてみてはと貝塚が当時の科長の下についていたことを教えます。そんな中、早川から連絡が来て会いに行きました。

そこで真野は兄が犯人ではないと思っていることを伝えたのです。さらに早川から当時新妻の指紋が摂取されたことを知ります。

しかし、鑑定結果に記述がなく、指紋というのは被疑者を絞るために行われます。そこから考えられるのは家族以外の指紋があり、別に犯人がいたかもしれないということです。

「武蔵野一家殺人事件」と新妻の死は繋がっているのかもしれないと考えます。そこで真野は貝塚に会いに行きました。

軍手の血痕が家族のものであるかもしれないということを伝え、自分が唯一の生き残りであることも伝えたのです。

それを知った貝塚は軍手のデータの改ざんを考えましたが、真野はすべてを予想していて照合はすでに終わっていました。

その結果、軍手に付着していた血痕は真野の父・母・姉の血痕と一致したのです。軍手は「武蔵野一家殺人事件」の証拠品だったのです。

もう逃げられないと思い、貝塚は全て知っていることを語りだしました。貝塚は鑑定をしっかりと行っていたが、ある日突然事件に関する資料の提出を上から求められ、その翌日に改ざんされた鑑定資料が届いたのです。

しかし、当時の科長の奥さんに呼ばれて死に際に貝塚に渡してほしいと頼まれたと言われ渡された中身が改ざんされていない事件の資料や鑑定結果でした。

そこには真野が知らなかったことが記されていたのです。姉は妊娠していました。

トレース〜科捜研の男〜6話感想いつもと毛色が変わった闇を感じるトレース

新章が複雑すぎる

過去の事件を知っている人が現れそこで証拠を知り得るとかではなく、その人物は現れずさらにその人物と思われる人が亡くなるとうまた複雑な新章でした。

そこで入る警察の圧力や当時の高校の担任などなど新しいストーリーの幕開けです。今回登場した早川役の萩原聖人さんは次回も出演するそうなのでこれから真野とともに事件を追いかけるのか、または真犯人なのかなど予想はたくさんできます。

ホームレスの事件に警察の圧力がかかったのは25年前の「武蔵野一家殺人事件」の全貌が明るみに出されたくないからだけど一体警察は何を隠しているのかを少しだけ考えてみました。最後の最後に姉が妊娠していたことを知ります。

当時高校1年生なので16歳で、それから25年後となると41歳と考えられます。未だ何者かわからない人物が1人います。

それが最年少で刑事部長になった千原ジュニアさん演じる壇です。最年少ということは45歳以下の設定と考えると姉の子供の夫で事件に関わっているのかもしれません。

壇が犯人と考えている方もいらっしゃると思いますがそれは極めて低いと思います。理由としては簡単でだいたいこういうとき高校生が犯人でそれを父親がもみ消したと考えられるのですがあの登場シーン、最年少刑事部長などといったことを考えると父親が偉い人ではないかなと予想できます。

すると、高校生が犯人でもみ消すことは出来ません。だからきっと犯人はまだ現れてない別の人物の息子だと思います。どちらにせよ犯人は高校生なのではないかなと予想しておきます。

おそらく次からは一旦この事件については置いといて、また8,9話辺りから一気に真相が明かされるのでそれを楽しみにしておきます。

真野と貝塚の切ない顔同士

最後に真野は貝塚を信じずに騙してしまいました。本当は改ざんしに来てほしくないと思っていたと思います。

しかし、そこに貝塚は現れてしまったのです。そこで繰り広げられる切ない顔の演技がとても絶妙です。

貝塚演じる小雪さんの真野に対して過去から抜け出してほしいという思いを抱えている顔と真野演じる錦戸亮さんの貝塚を信じたかった思いと本当にこの事件を解き明かしていいのか考え込む顔が本当にピカイチでした。

顔だけで気持ちが伝わるなんて一流役者だなと感じました。今後この2人の関係どうなるのかなと思っていましたが、次回予告で普通に絡んでいたのでこれで気まずくなったりするとかはなさそうで安心しました。

真野とノンナは結ばれる?

ノンナは真野に想いを寄せていますが、ノンナは真野のことを何も知らないことに気づきました。結果から言うと真野とノンナが結ばれることはまずありえないでしょう。

ずっと事件のことばかり考えると疲れるのでリラックスとしてドジで間抜けなノンナの恋や研究員たちの飲みのシーンなどでメリハリを付けているのだと思います。

ただ、飲みのシーンなどで話していたことがあとから役に立つことはよくあります。でも個人的に真野がもっとノンナに惹かれたら面白くなるなと思っていますがそうなると恋愛ドラマになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です