トレース5話ネタバレあらすじ感想!島本優は18年間何があったのだろうか

ドラマトレースのイラスト画像

今回も面白すぎて錦戸くんがかっこいいトレース5話、あらすじ感想について更新していきます!

トレース〜科捜研の男〜5話あらすじ 18年前に起きた事件の被害者が今回の犯人?

事件の重要参考人物が18年前の被害者???

黒鷹山の参道付近で女性の遺体が発見され、その遺体の蕎麦に毛髪が落ちていました。被害者はスナックに勤めている海東奈津美(滝沢沙織)虎丸(船越英一郎)らはその毛髪の鑑定依頼を真野礼二(錦戸亮)ら科捜研に頼みに来ました。

すると、その毛髪のDNAは18年前に起きた鶴竹町乳児誘拐事件で誘拐された島本ユウでした。その事件はユウちゃんの母親である島本彩花(八田亜矢子)がスーパーで買い物しているときに一瞬だけ目を離したすきにユウちゃんが誘拐されたのです。

彩花と父親の彰(山中聡)は身代金を電話ボックスに起き、言われたコテージにユウちゃんを助けに行きました。

しかし、そこには誘拐事件の犯人と思われる暴力団構成員の神崎徹(石垣佑磨)の遺体があったのです。

彩花らは初めてそこで警察に連絡したが、ユウちゃんは見つからず、身代金も消え、神埼を殺した犯人もわからないままの未解決事件でした。

彩花らは今でも必死にユウちゃんを探すために町でビラを配り目撃情報を探していました。そこに虎丸が行き、今回の事件にユウちゃんが関わっているかもしれないことを伝えました。

彰は娘がもう生きていいないと諦めたてたが、生きていることを知って嬉しそうでした。

18年前の事件の真相が明らかに!!

科捜研では真野と沢口ノンナ(新木優子)が衣服や毛髪を検査していました。そんなとき、真野がノンナを明日の予定がないなら付き合ってほしいといい、ノンナはドキドキしだしのです。

デートだと思い、気合を入れて来たノンナでしたが、真野は被害者の衣服のポケットに土が入っていることに疑問を感じ、再度臨場をしたいと言い出しました。

ノンナは愕然としていましたが、臨場に向かうと掘られたような形跡がある場所がありました。真野はその土をすべて持ち帰り調べだしたのです。

そんな中、虎丸らが最優先で鑑定してほしいと言って持ってきたのが海東の自宅にあったナイフでした。

実は、18年前に海東は風俗嬢をしており、そこで知り合ったのが神崎でした。さらに、神崎との間に子供が出来て、それを中絶させられたという過去がありました。

虎丸らはこのナイフが神埼を殺したときのものではないかと推測をしています。もしそれが正しければユウちゃんは復讐のため海東を殺したことになります。

そして鑑定結果は神埼の血液が検出されたのです。神埼殺しの犯人は海東で間違いないという結論に至りました。しかし、ノンナはこの事件がユウちゃんの復讐だとしたら悲しいと思い、ユウちゃんの無実を信じているのです。

そんなとき、ニュースで島本優が海東を殺したことで出頭し認めていることを報道しました。両親にDNAの提出を求め、鑑定の結果で優の主張が認められ事件はこれで解決に至りました。

しかし、彩花とは一致ではあるが、彰とは一致しませんでした。まだこの事件はなにか隠されていると真野は言います。そして虎丸もなにかに引っかかっていました。

島本優の本当の目的とは?

海東が埋められたと考えられる土の鑑定が終わり、土にあった毛髪のDNAも海東と一致しました。真野は優には他の目的があるかもしれないと思うので優の部屋を臨場したいと虎丸に頼みました。

虎丸はそれを許可し、なにか証拠を見つけてこいと言ったのです。そして、優は施設に預かられていて、その施設オーナーの上野郁子(安藤玉恵)が優を育てていました。

虎丸は上野が怪しいと思い聞き込みをしていたところ、海東と上野が事件前日に口論をしていることがわかったのです。

そのことで上野を任意で取り調べをすると、上野と海東は昔からの知り合いで、優を預かる代わりに身代金のお金を分けてもらい苦しかった経営を回復させました。

しかし、最近になって海東が現れて優について脅してきたのです。その際に口論になり、それを優は偶然にも聞いていてすべての真相を知りました。それで殺したのかと聞くと、殺害は否認しました。

その頃に、科捜研に彩花と彰がやって来ました、そこで、真野はDNA鑑定の結果を彰に伝えたのです。もう隠してはいけないと思い、彩花は18年前に自分が神埼に優を預けたと言い出したのです。

神崎はずっと彩花を脅していて、その脅していた内容とは優の本当の父親が自分だということです。それが殺人事件に変貌し、優も返ってこなくなったので怖くてずっと18年間黙っていたと言います。

このことですべての真相が明らかになり、優もすべて証言しました。18年前、神埼を殺したのが海東で、身代金と優を持ち帰ったのです。

そして、育てるのに苦労しだしてきた海東は友達だった上野に預けました。現在になって海東が上野を脅迫し、それに耐えられなくなった上野は海東を殺してしまいます。

その遺体遺棄の手伝いに優が呼び出され、遺体を埋めました。そして優は3日間かけて実の両親に会いに行き、見つけ出したのです。

しかし、もうそこには新しい家族があり、それを壊したくないと思った優は遺体を掘り返しわざと髪の毛を置いて自分が疑われるようにしました。

すべては娘が実の母親を守るためにした悲しい結末だったのです。

『トレース〜科捜研の男〜』5話感想トレースの事件を推理するのは最大難関!

【虎丸がおとなしくなり、警察が優秀になったのでは?】

1話で二時間のサスペンスドラマみたいな演技で虎丸役を演じていた船越英一郎の演技に批判が多くありました。

しかし、今回の回では真野に対しての対立もあまりなく、威勢のいい虎丸が消えた気がします。さらに、警察が少しずつ優秀になっているのではないでしょうか。

いつもなら推理が的外れで真野の助けを借りていましたが、今回は警察が思っていたとおりの推理でそれを裏付けたのが真野というナイスコンビネーションだったと思います。

本来ある形を取り戻した気がして、ここからは真野との過去と向き合う体制が整ったという脚本家の意思表示な気がします。

そう思っていたら今回の最後で謎の男から真野に電話がかかり、お兄ちゃんの件と言っていました。そして、次回予告では第2章突入で真野がついに過去と向き合いだします。

このような脚本家のメッセージや意思表示が面白いです。

矢田亜希子の演技がすべてを語っていた

今回の事件も難解で、普通では予想できないことばかり起きていました。しかし、全ては彩花役の矢田亜希子さんの演技が物語っていました。

最初に娘がいるコテージに行って神埼の遺体を見たときに動揺の凄さが少し違和感だったのです。

しかし、本当に遺体を見てこのような発作を起こす人はいますので少しスルーしてしまいました。ただ、DNA鑑定を依頼されたときに矢田亜希子さんは困っている顔をしていて渋々受け入れた感じがしました。

すると、予想は大当たりで、父親が違ったのです。俳優や役者の演技で事件の難解さ、奥深さを理解することが出来ました。矢田亜希子さんの追い詰められていく演技がとても切なくとても心が打たれました。

相変わらず一筋縄ではいかない事件の真相

トレースの事件の謎は悲しい結末が多いのですが、それでも推理するのがとても楽しくなります。そろそろ5話ということで視聴者の方も“パターン”を理解してきたと思いますのでそのドラマの特徴にあった推理をしだします。

今回も最初は島本優が昔の事件のことを知って復讐をしたというのが簡単なのですが、そうではなく、殺害した育ての親である上野郁子を守り、自首したというなんとも切ない結末でした。これで終わると思ったんですよ本当に、でもこれだけでは終わりませんでした。

一度埋めた遺体を3日後に掘り返したことにずっと疑問を感じていた真野が優の部屋でその3日間で何があったのかをすべて理解したのです。

遺体を埋めてから優は実の母親と父親に会いに行き、母親の隠していた真相を守るために自首したというもっと悲しい結末だったのです。

誰も予想できなかったと思いますし、優が本当にいい子過ぎて切ないよりその愛の大きさに感動しました。

そして、最後の18年ぶりの実の両親との面会での発言もいい子に育った証拠だと思いました。今回は切ないもあったのですが家族の愛、娘の芯の太さで感動が上回りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です