トレース〜科捜研の男〜4話ネタバレあらすじ感想!犯人は科捜研!?

ドラマトレースのイラスト画像

科捜研の研究員が殺人犯!?
兄の弟に対する想いを辿っていくとそこには誰も考えていなかった真実が隠れていました。

トレース4話のあらすじ 犯人はまさかの・・・

https://www.instagram.com/p/BtQdQ2XAl-B/

科捜研の研究員である相楽一臣(山崎樹範)は兄・浩司(やべきょうすけ)が自宅で遺体として発見されました。

死因は頸動脈を切られた失血死で、凶器は現場に落ちていた包丁でした。そして、室内は荒らされており、通帳や財布なども盗まれていました。

強盗殺人と思ったが、虎丸は被害者に争った形跡がないことに気が付き、顔見知りの犯行ではないかと推測しています。そこで、真野礼二(錦戸亮)らに臨場要請がかかったのです。

鑑定の結果、犯人につながる証拠は一つも出ませんでした。

しかし、真野は収納ボックスの引き出しが開いていて、そこに血痕が付着していることに疑問を感じていました。

このことから、被害者を殺して、強盗に見せかけて部屋を荒らしたという推理は間違っていることがわかるのです。

犯人は睡眠薬などで被害者を眠らせている間に部屋を荒らして殺害に至ったと考えられます。
相楽は警察に呼ばれ取り調べを受けていました。

相楽は兄に300万円を貸していて、兄を恨んでいる人は大勢いると思うと証言したのです。兄とも何年もあっていないことも証言しました。

浩司は、お金を借りていた人を紙に書いていて、虎丸らはそこから前科があった人物を中心に捜査を始めたのです。

そして、今月まで契約されている生命保険があることを知り、その受取人である元妻・千尋(瑛蓮)に話を聞きに行きましたが、古い生命保険だったそうで、受取人も叔母に変わっていました。

しかし、その叔母も3年前に亡くなっていたのです。
取り調べから帰ってきた相楽に、沢口ノンナ(新木優子)は現状で明らかになっていることを伝えましたが、相楽は依頼されていない鑑定をするなと怒りました。

虎丸らの調べで事件の3日前に、相楽は浩司と電話をし、防犯カメラで会っていることも確認が取れたのです。そのことを聞くために任意で相楽を引っ張りました。

相楽は疑われたくないため黙っていたと言いますが、虎丸らは相楽が何かを隠していると推理し捜査をしています。

そこに、真野がやってきて浩司の毛髪から大麻を使用していたことわかったと伝えたのです。容疑者のうちの1人は大麻での前科を持っていて、浩司を探し回っていたこともわかりました。重要参考人として引っ張りましたが、証拠がないため捕まえることは出来なかったのです。

ノンナは事件の真実のかけらを探すために浩司が相楽に渡したお金を調べようと川に向かいました。そこには先に同じことを考えていた真野がいたのです。

真野は虎丸に呼ばれて捜査本部に向かいましたが、ノンナと他の研究員はその日にばらまかれたお金集めを必死に行ったのです。真野はすべての事件を整理して、何かに気づきもう一度臨場を申し出ました。

再度別の角度から臨場をし、お金を集めて鑑定をした結果、事件の真相が明らかになったのです。
真野とノンナは相楽を浩司のアパートに呼び出し、真相を語りました。真野がやっていた臨場は血痕の痕跡をヒモで結び犯人が返り血を浴びた形跡を探す方法でした。

しかし、犯人が返り血を浴びた形跡は一切でなかったのです。ここからわかることは、この事件に犯人はいないということで、浩司が自殺をしたという決定的な証拠になりました。

そして、お金を入れた封筒から特別な油分が検出されて、それを虎丸に調べてもらうと、浩司は1年前から工場で働いていたことがわかりました。

さらに、余命3ヶ月のガンだったということもわかったのです。浩司は借金を抱えていた相楽のために仕事を始め、ガンを知らされたとしても仕事を一切やめようとはしませんでした。

しかし、体にも限界が近づき、大麻を痛み止めとして使用してしまったのです。そして、お金が間に合わないことを察した浩司は保険金を目的とした自殺を考えました。

あの日、渡された50万円は浩司が1年間頑張って相楽のために貯めたお金だったのです。

トレース4話の感想 千原ジュニア早く来い

https://www.instagram.com/p/BtLM2_wlGzF/

少し不満!!!もっと冒険をしてほしい

今回の内容はドラマではよくある兄と弟の感動ヒストリーでした。トレースにこれは必要ないと感じて待っていたので少しショックです。

前回は残酷すぎると言ったと思いますが、それでも今回はトレースで見る必要があるドラマなのかなと感じさせられました。

トレースは警察では明らかにできないことを明らかにできるが最大の強みだと思っています。今回は脚本が雑すぎるなと感じてしまいました。

まず、浩司が働いていたこと、ガンであったことをなぜ警察は捜査でわからなかったのかがとても疑問です。ドラマでは科捜研が調べたからわかったことと良いように描いていますが警察の捜査が足りないだけだと思います。

返り血を浴びたかを判断する方法はとても興味深かったですけどなぜあれが最後に思いついたのかもとても疑問です。もっと早くにそれをするべきだったのではないでしょうか。

完全犯罪にまず考えられるのが自殺だと思われます。少し捜査方法が雑で兄と弟の感動ヒストリーで誤魔化した感じがしてしまいまいした。

早く出てこい、千原ジュニア

第1話で現れた千原ジュニアさん演じる警視庁刑事部長の壇という男を皆さんは覚えていますでしょうか。4話の最後で真野の写真を血のようなもので塗りつぶしていました。

間違いなく真野が闇から抜け出せない過去の事件と関わっているのはわかりますが、真野が今何歳で、壇が今何歳として演じているのかわからないので推測しにくいです。

仮に真野が子供のときに担当刑事が壇だったら明らかに事件に関わっています。その節が濃厚だとは思います。

しかし、本当に壇と真野の関係性が今後の事件のお楽しみポイントです。千原ジュニアさんの演技も実に興味深いです。

いい感じに謎の男感が出ていて、すごく狂気的なものも感じます。早く、壇さんの正体を知りたいです。

兄と弟の感動ヒストリーについて

感想の冒頭で兄と弟の感動ヒストリーと述べましたが、少しこれにも文句をつけたいです。今までのトレースは最後何かしら泣かされました。

1話ではDV被害者同士の悲しい結末、2話では折り鶴を持つものが知る事実、3話では少女の自殺練習の末に起きた最悪の結果など感動というより悲しいポイントが多かったと感じていますが、今回はなぜお涙ちょうだい的なノリなのでしょうか。

トレースはやはり少し批判をされてもいいくらいがちょうどいいと思っています。しかも、この兄と弟の話しもそこまで感動はしなかったです。兄が1年前に働き出したから何?って感じです。

まずは300万円を返すべきだし、なぜそれを返す前に2000万円の借金しているお金を作ってあげようと思ったのかが理解できません。

自分が借金していたのは何も悪くないかのように描かれていたのが感動できませんでした。

そして、仕事をして立派に働いていたけど大麻関連の揉め事で殺された、あるいは弟を守るために自殺をしたならまだわかりますが、余命宣告されたからなどとありきたりで感動させたいという感じが伝わってきたのが少し残念です。ドラマであからさまを出すと視聴者はやはり嫌がるのです。

研究員に焦点を

今回は研究員の相楽に焦点が当たりましたが、期待の新人女優岡崎紗絵さんや科長役の小雪さんなどまだまだ焦点を当てるべき人が多くいると思っています。

特に小雪さん演じる海原律子は明らかに真野の行動をある程度許しています。他の研究員に比べて真野に優しいと思うので、真野との関係性を描いてほしいです。

それがあの事件と関わっているのか、もしくはまた別のなにかがるのかなど考えられることは山ほどあります。

真野の過去を知っているものは研究員の中にいるのか、そこら編が明らかになるのは7,8話辺りかなと推測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です