『トレース〜科捜研の男〜』2話のあらすじ感想!ノンナの成長が!

ドラマトレースのイラスト画像

ノンナが一枚も二枚も皮をむけて成長した回でした。

仕事に向いていないのではないかなと悩んでいたノンナですが、科捜研の必要性を再度感じ、くよくよしないことを決意しました。

これからもっと成長するノンナの姿が楽しみです。最後の真野のセリフにご注目を。

『トレース〜科捜研の男〜』2話の簡単なあらすじ

https://www.instagram.com/p/Bsp3TpYn_Ij/

科捜研に入ったばかりの沢口ノンナ(新木優子)は仕事でみんなの足を引っ張っていると引け目に感じていました。

遅くまで残っているノンナに科長でノンナの先輩である海塚律子(小雪)は早く帰って休むように言います。

東凛大学病院教授就任パーティーで事件は起こったのです。外科医・真田和寿(名高達男)がバルコニーから転落死し、娘の有里(関めぐみ)は現場から逃げるウエイトレスを目撃していました。

そこで、ウエイトレスだった宮永渉(篠原篤)を家の前で拘束したのです。

宮永の手首には刃物で負った傷があり、真田の首にも同じような傷の跡や現場には血痕やバルコニーの手すりに真田の靴の跡がありました。

そこで捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)らが犯人は真田に刃物を突きつけたが抵抗されて逆に傷を負って、真田がバルコニーを乗り越えて逃げようとしたが逃げ切れず突き落とされたと予想し、宮永の犯行と考えています。

その現場にある血液を科捜研の真野礼二(錦戸亮)らに依頼しに来たのです。しかし、DNA結果は宮永以外の人間のものであることがわかりました。

誤認逮捕とメディアでも放送され、捜査一課長の江波清志(篠井英介)が1週間で犯人を逮捕できないと班を解散させると虎丸は言われます。それでも虎丸は刑事の勘で宮永が黒星だと考えているのです。猪瀬祐人(矢本悠馬)は宮永に張り込んでいましたが、逃げられました。

虎丸は真野らに現場を調べさせますが、そこで、ノンナが倒れてしまいます。ノンナは血を見たりして倒れたり、仕事に追いつかない自分に対して科捜研の仕事向いてないのではないかなと悩んでいました。

次の日、真野はノンナを連れて再度現場に足を運んだのです。真野は手すりの足跡が気になっていました。なぜ、刃物の時は抵抗したが、ゆっくり手すりに上がって後ろを振り向く余裕があったのかが気になっていたのです。

そのとき、バルコニーから枯れ葉が落ち、その落ちた場所を調べると捜査では見つからなかった血液のついた折り鶴が見つかりました。その折り鶴を調べると血液は女性のもので、そこには宮永の指紋が検出されたのです。

真田の葬儀に謎の女性が現れ、有里に真田が殺された理由について話そうとしていました。しかし、有里はメディアに囲まれてその女性は去っていきました。ノンナは葬儀のあとに有里から遺品を整理していると血液のついた折り鶴を見つけたことを聞かされたのです。

そして、調べてみると真野が見つけたのとすべて一致しました。虎丸は、現場にあった血痕のDNAに一致した人物を考案のデータベースから見つけ出しました。

しかし、その人物からは傷が見当たらなかったのです。なにかに気づいた真野は虎丸に身体検査をしたときの写真を見せてほしいと頼みます。そこで、宮永の血痕を調べたいと言い始め、宮永が包帯を買ったと思われる店を探し始めますが、血痕は見つかりませんでした。

しかし、包帯を買った際に使われた硬貨に血液が発見されました。被害者に着衣の血痕と宮永の血痕が一致したのです。骨髄移植をした血液はドナーのものと同じになるが、毛髪や唾液はもともとの自分のものとなる体のなかに2つの遺伝子を持つこととなります。

だから、宮永とDNAが一致する人物がいて、宮永の唾液からは一致しなかったということになります。

虎丸の捜査で、宮永が骨髄移植をしていたこと、その当時の担当が真田だったことがわかったのです。しかも、宮永の見舞いに来る途中で落下事故にあった中原さちえという女子高生が緊急で運ばれて死んでいたこともわかりました。

有里が狙われると思い、虎丸と真野らは病院に向かい、そこで宮永を現行犯で取り押さえました。
医療ミスのせいで事件を起こしたと思っていましたが、それが間違いでした。

宮永はその当時の看護師でオペに立ち会った三井敦子が学会に出ることを知り、会いに行き当時の真相を聞きました。この三井こそが葬儀に現れた女性でした。

すべての真相は、医療ミスではなく、小さい頃から心臓が弱かった有里が危篤状態となり焦った真田は中原をドナーにする決意をしました。これを知った宮永は真田と有里に復讐をするために事件が起きたのです。しかし、殺人ではなく罪を償うために自殺をしたのが真相でした。

『トレース〜科捜研の男〜』2話の感想

https://www.instagram.com/p/Bsp3L9Lh4tA/

虎丸役の船越英一郎さんの演技についての予測

ネットで騒がれていますが、虎丸役の船越英一郎さんの月9なのに二時間サスペンス感があると言われています。これはたしかにそう感じます。

誰もが観て、船越さんが浮いているように見えます。しかし、これは演出だと思うので、批判だけするのではなく、演出家や監督の気持ちになって考えてほしいです。

ドラマには俳優陣だけで作れるものではないのです。たくさんの想いが重なって出来ています。個人的な見解だと、対比が大きなポイントでは?と感じています。その対比は科学と勘ではないでしょうか。

錦戸さん演じる真野は科捜研こそが真実と思っている反面、虎丸は刑事の勘や刑事の長いキャリアで経験したことで犯人を捕まえようとしています。仮に、船越さんの役が熱くない冷静なベテラン刑事ならこのドラマはとてもつまらないでしょう。

それでもやりすぎていると感じているかもしれませんが、私は刑事の勘や経験などで事件を捜査し、科捜研は言われたことだけをしたらいいと思っている虎丸が、科捜研のありがたさ、凄みに気づき、科捜研を頼っていく姿が予想できます。

だから、どんどん科捜研に対して丸くなり、世の中的にも科捜研がすごい、役に立っているんだ、なんかカッコいいなどを印象づけたいから敢えて大げさに最初はやっているのではないでしょうか。

ノンナ役の新木優子さんを大絶賛

科捜研の仕事の難しさに悩んでいる姿や、研究員に怒られている姿などすべてに対して演技が絶妙だと感じます。新木優子さんと言えば最近では、『チアダン』『SUIT』など話題作に引っ張りだこです。そこで全て違う演技をしていますよね。

チアダンは誰もが憧れる女性役でSUITは少し冷徹な女性役でした。今回では、新米で使えない若手役を演じています。個人的な見解として、新木優子さんは顔の表情の演技がとても好きです。

今回もかなり新米として仕事が向いていないという悩む演技が多かったのですが、それも見事に表現できていました。

今回の事件は専門的すぎ

本当に難しかったです。しかし,科捜研にしか出来ない結末でした。キメラという体内に遺伝子を2つ持つ人物など、心臓移植をするために緊急搬入された女子高生を殺してしまったなどと2転3転予想を裏切られました。新しい知識をドラマで得られることは楽しいです。

このようなサスペンスもあっていいなと感じさせられました。心臓移植をそのような経緯で行っていた現実を今になって知った有里は本当に苦しいはずです。そこで真野は優しい言葉を投げかけます。「あなたは、受け継いだ命を大切にしていくべきです。

僕はそれが宮永さんと中原さちえさんの望みでもあると思います。」と生きる希望を与えました。毎回、遺族に対しての優しい言葉が染みます。

ノンナは真実を知る必要があったのか疑問に思っていましたが、真野は「どんな真実だったとしても知らない方がないなんてない。

進むべき方向がわからないを闇の中で立ち止まっているのは何よりも辛い。遺族は、真実を知ることで初めて前に進むことができるんだ。それを手助けするのも科捜研の大事な仕事の1つだ。」とノンナにも優しい言葉を投げかけます。

最後に

最後に言った真野のセリフの「進むべき方向がわからないを闇の中で立ち止まっているのは何よりも辛い」は、真野の今の状態だと思います。

真野は過去の家族のことで闇のなかに立ち尽くしています。それを救えるのがノンナだと予想しているので最終回まで目が離せません。

そろそろ恋心が芽生えてもおかしくないとも思ったり、思わなかったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です