ラジエーションハウス3話ネタバレあらすじ感想!癌に、どう立ち向かって行くのか

ドラマラジエーションハウス風イラスト

最近、女性芸能人の皆さんの早期発見、早期治療により癌を克服した話をよく聞きます。

葉山今日子(内山理名)は祖母、母と癌だったこともあり、毎年きちんとマンモグラフィーで検診を受けていました。

そんな彼女の病変に気づいた唯織。女性必見!他人事ではありません。男性も大切な女性の身に起こったら?

実に考えさせられるストーリーです。

ラジエーションハウス第3話あらすじ悪性なのか、良性なのか…

今日子の病は…そして結婚は

女性編集者、今日子は結婚を控えています。彼女の祖母と母が癌だったこともあり、毎年きちんと検診を受けていました。

今日子は乳腺密度が濃いといわれるデンスブレストでした。

そのこともあり、杏は心配して鏑木(浅野和之)に相談するものの、病変がなかったので異常なしの診断を下しました。

しかし、唯織が彼女の家系の病歴とその画像の異変に気付くのです。

そして唯織が今の医療現場の実情を説明し、デンスブレストの人はマンモグラフィーで写らない隠れた病変があることがあるが、医師は「異常なし」と判断するしかないのが現状だと説明します。

その上で患者自ら「超音波」「MRI」の検査依頼をして欲しいと頼みました。

今日子は納得し超音波とMRIを受け診断を受けることにしました。

そして出た結果は悪性腫瘍「乳癌」でした。

片側乳房全摘手術を受ければ大丈夫という早期発見でしたが、女性のシンボルでもある乳房を取ることに、結婚を控えた今日子は悩みます。

しかし、婚約者は手術をすれば治ることを喜んでくれました。

たまきの病

たまき(山口紗弥加)は友人の画像だと言って、杏に診断をしてもらうと少し怪しいので、再検査した方がいいと言われます。

裕乃(広瀬アリス)に、マンモグラフィーの画像の練習のため、自ら被験者になりました。

その画像から不安になるたまき。

そして撮影を行った裕乃自身もその画像に気が付き、たまきを心配します。

その様子を見ていた小野寺も気が付き、知らないふりをしながらも超音波を撮るよう促しまします。

その結果たまきは「良性腫瘍」という結果で、たまきはもちろんのこと、裕乃も小野寺もホッと一安心するのでした。

唯織の恋

唯織は杏を励まそうと売店で待ち伏せするが、駿太郎が杏と食事に行ったことを知り、ショックを受けしまいます。

しかし、今回のマンモグラフィーの件で、2人の距離はまた少し近づいたようです。

ラジエーションハウス第3話感想2人の女性の運命の分かれ道にドキドキです

今日子とたまき

胸にシコリを見つけてしまったたまきと、癌家系という事実を真面目に受け止めて、毎年検査を受けて来た今日子。

たまきは技師として知識があるがために、異常にいち早く気付きますが、誰にも言えず不安なはずなのに気丈に振る舞いながらも、仕事をする姿勢はカッコいいです。

でも時折見せる不安な顔は、何とかしてあげたい、誰か支えて上げて欲しいと思わされました。

今日子は仕事もでき、年下の婚約者もいて、一見たまきと真逆で幸せそうですが、やはり遺伝的に癌の家系であるという不安を長年抱えて、その事をしっかりと受け止め、検査を欠かさなかった姿勢にはとても感心しました。

今日子の婚約者の「見た目が変わるのなんてお互い様…俺、メタボになったり、髪の毛薄くなったりして見た目変わっちゃうかもしれないし」というお優しいお言葉に感動です。

もしも私がたまきの立場でも、今日子の立場でも、絶対に動揺して大騒ぎしてしまうに決まっています。

それにして11人に1人が乳癌になっているという現状は、決して他人事ではありません。

癌大国日本である以上、早期発見・早期治療は自分自身の責任なのだと実感しました。

今回もかわいい遠藤憲一!

裕乃がたまきの超音波検査をするのを知っていた小野寺は、その検査の画像を見ていることを、他のメンバーに気付かれないように、キャスターを何気なく動かし、死角になるようにしたり、終わったらそっとまた何気なく戻したり、ちょいちょい行動がかわいいです!

なんだかんだ良い仲間たち

唯織が今日子のMRI検査をする時、悠木・軒下・威能の3人は帰ろうとするものの、心配なのか、気になるのか結局残って見守るんです。

いつも何かにつけブツブツいってる3人ですが、結局、仲間を思い協力してくれる良い人達なんですよね~

まとめ

このドラマを見てマンモグラフィーだけではダメな場合がある事を知りました。

癌は早期発見・早期治療をすれば、完治する病である事は、最近では認識されています。

しかし、今回のように、グレー結果は白にされてしまっては、検査を受ける患者にはたまりません。

検査を推奨するなら、それ相応の対応を病院側もして欲しいです。

そして何よりも患者側も自己責任だという自覚を持ち、医師の結果だけに頼らない知識や情報も必要なんだと思いました。

なんだかとても真面目な記事になってしまいましたが、珍しく考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です