ラジエーションハウス第5話ネタバレあらすじ感想!Aiと医師の共存の実現は…

ドラマラジエーションハウス風イラスト

ラジエーションハウス第5話。

最近、時々耳にする「Ai」(死亡時画像診断)により、死亡原因を特定するのですが、

実際のAiを進める病院側と家族側の思いは必ずしも同じなのでしょうか?

そしてもう一つのテーマが「虐待」

Ai診断により虐待が発覚するのかにも注目です。

ラジエーションハウス第5話あらすじ 最後の写真

死亡時画像診断

ある日、河川敷の広場で倒れて息を引き取っていた少年のAi診断の依頼が来ます。
Aiライセンスを持つ威能を中心とした技師と医師たちで遺体の確認をし、両親にAi
診断をさせて欲しいと頼むが、最初は断られてしまいました。

少年・直樹の遺体には、腕などにあざがあり、医師たちは虐待を考えたのでした。

母親が考えを思い直し「直樹の最期を知りたい」と願い、Aiを承諾。

技師・威能による、Ai撮影が始まります。

威能は過去に、妹の亡くしていました。

そして、その死の原因を最後まで知ろうしなかったことを後悔する毎日。

その事から、死者の最期の写真を撮って上げたいと、Ai診断士の資格を取ったのでした。

連れ子再婚による虐待なのか?

直樹のあざを疑っていた病院側は、格闘をしていて、再婚者である義父を疑います。

画像の結果は、肝臓破裂による出血性ショックが原因だとわかりました。

益々、義父の疑いが濃厚になりましたが、唯織はある事に気が付くのでした。

  • 格闘技などの経験者である
  • 破裂箇所から犯人は左利きである

義父は格闘技はしているものの、右利きでした。

実は近所に住む、直樹と親しくしていた肇がその2つの条件に当てはまるっていました。

肇の話を聞くと、彼自身が父親から虐待を受けている被害者だったのです。

義父との仲が思わしくなかった直樹と共感出来ていたのに、突然、直樹がその義父との関係を良くしたいと思っている事をしり、裏切られたと逆上してしまったのでした。

結果、直樹は親からの虐待ではなかった事が明らかになりました。

唯織と杏の距離は縮まるのか?

杏は最近、画像診断の意見を唯織に求めるようになって来ましたよ。

唯織はその度に杏にすごく側に近づける事に興奮するものの、杏に悟られないように平静を装います。

そんな2人の間に割って入ってくるのが、整形外科医の駿太郎です。

ラジエーションハウス第5話感想 多くの死者が原因もわからないまま葬られる現実にビックリ!

年間13万人のうち10万人が原因不明の死を

年間で約13万人の人が死因が判明せずに、亡くなっている現実があります。

そして、そのうちきちんと解剖したりAi診断をして、死因を判明させる人はわずか3万人しかいないそうです。

確かに、亡くなった家族をこれ以上、解剖をして切り刻むのがかわいそうだと思う遺族も多いのは理解できます。

しかし、その中には完全犯罪で、犯人がいるのに殺人とならない死も。

その多くが虐待だなんて、悲しすぎます。

虐待を受けた子は、自分が親になったら絶対にやらない事を誓うケースが多いそうです。

しかし、やっぱり自分も虐待をしてしまう親になってしまう事も多いのが現実です。

虐待は「負の連鎖」を生んでしまう可能性があるのですね。

杏に対する思いを隠そうと唯織必死?

唯織の技師としての腕を認め、尊敬し始めた杏が、唯織を頼るようになり始めました。

杏との距離が縮まり、唯織は嬉しさが止まりません。
平静を装い、杏との関係を楽しむ唯織は、たまらなく幸せなんだと思います。

だから、駿太郎に邪魔をして欲しくないけど、彼の気持ちもわかります。

若いっていいな~~とつくづく思う私はおばさんでしょうか?

今回もかわいい遠藤憲一!

父親という立場から、直樹に思いを寄せる小野寺。

部下たちに「たまには電話してあげないと、忘れられちゃいますよ」なんてからかわれながらも、やせ我慢している遠憲さん。

そして強がりながらトイレに行く振りをして、久しぶりに息子に電話をするものの、すぐに留守電という結果にとっても残念そうな遠憲さんの演技、今週も可愛かったです。

まとめ

今回はAi診断の大切さを知りました。
亡くなってしまったら、原因なんてわかっても、生き返るわけでもないし…
と正直思う事もありました。

でも、原因を知る事は、亡くなった人の最期を知れる最終的手段なのですね。

もちろん解剖やAiを受ける事無く、人生まっとうして自然死するのが一番ですが、不可解なままにする事は亡くなった人が望んでいるのかを、良く考えてから結論を出したいと思わせてくれる第5話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です