パーフェクトワールド4話ネタバレあらすじ感想!晴人(松村北斗)の恋が切ない!

ドラマパーフェクトワールド風イラスト

レンタル彼女として出会ったしおりのことを本気で好きになってしまったらしい晴人くん。障害のせいで恋愛がうまくいかないことで、晴人の感情が爆発!?
4話は晴人の恋愛にかなり注目です!いつもはバサバサと冷たい発言をしていたしおりですが、意外と晴人とどうにかなっちゃいそうな感じ…!?

パーフェクトワールド4話あらすじ 樹(松坂桃李)のために無理をしすぎたつぐみ(山本美月)が危険に…!

つぐみ、介護の資格を取りたい

つぐみは樹を支えるため、介護の資格を取る勉強を始めます。週に2回はセミナーに通い、毎日深夜まで勉強。さらに仕事帰りには毎日樹の部屋に寄っているため、かなり疲れが溜まっています。

洋貴(瀬戸康史)は「そんなに無理や我慢をするのは恋愛じゃない。自分の方がつぐみを幸せにできる」と尽くしすぎるつぐみを咎めますが、つぐみは「私は鮎川くんに幸せにしてもらおうなんて思っていない。私が鮎川くんを幸せにしたいの」と言って聞きません。

樹を悩ませる幻肢痛とは?

最近樹は足の痛みに悩まされていました。樹は足には感覚がないのですが、脳が足があると勘違いして痛みを引き起こしてしまう“幻肢痛”という症状で、四肢を失くした人にはよくある症状だと言います。

樹は心配をかけたくないとつぐみにはこのことを黙っていましたが、ヘルパーの長沢のことは頼っていました。

しかし樹の会社の上司の渡辺(木村祐一)から話を聞き、つぐみも知ることに。つぐみは色々と調べて、幻肢痛の最先端の治療法があることを見つけ出して樹と一緒に病院に見学に行きます。

病院が終わってからはセミナーがあったので一度は樹と別れたつぐみですが、セミナーが終わると樹の部屋に行って駐車場で長沢に会ってしまいます。長沢は何と今後樹と同じマンションに引っ越してくるかもしれないと言い出し、「自分の人生を犠牲にしてでも樹くんの人生を支えたいと思っている」とまで言います。

「ご主人は?」とつぐみが質問すると「残念ながら今は一人よ」と長沢。3話では離婚届を持っていましたが、もう提出したということでしょうか!?

晴人の感情が爆発!

レンタル彼女で一度しおりとデートをした晴人は、しおりのことが本気で好きになってしまいました。もう一度しおりを指名しデートはしますが、その後はなかなかしおりの予約がいっぱいで会うことができません。

ある日、しおりが別の男性とデートをしているのを発見し、あとをつけていた晴人。するとカラオケの部屋の中で男がしおりを襲おうとして、晴人が駆けつけしおりを助けます。

しおりは自分の姉が今障害者と付き合っていること、それを知った親がマジギレしたことを話し、「だからあなたとは付き合えない」と再び晴人のことをふります。しかししおりも晴人のことを少しいいなと思っていたらしく、晴人の思いには応えられないと告げたしおりの表情はとても切なそうで、晴人のほっぺにキスをして去って行きました。

自分の障害のせいで恋愛がうまくいかないことに、晴人の感情が爆発!事務所で「建築士の試験を受けない」とふてくされてしまいます。しかし樹に優しく諭され、反省した晴人。

つぐみがホームから転落

つぐみと樹が一緒に電車に乗ろうとしていた時、つぐみはふいにめまいに襲われ、人とぶつかってそのままホームに転落してしまいます。すぐそこに迫る電車…。つぐみに手を伸ばしますが、どうすることもできず落ちていくつぐみを見ているしかない樹…。

つぐみはどうなってしまうのでしょうか!?

パーフェクトワールド4話感想 好きだけじゃ付き合えない

晴人くんの恋が切ない!

4話は晴人くんの恋愛が結構メインでしたね!しおりが晴人に気がありそうなので、余計に「障害さえなければ…」と悔しく思ってしまいますね。しおりはつぐみのことを見ているからこそ、「自分まで障害者と付き合いだしたら親を悲しませてしまう…」とかそういうことも考えてしまうんでしょうね。

でも晴人に付き合えないと告げた時の表情、完全にしおりも晴人のことを好きになりかけてますよね。この二人もいずれくっつきそうな予感ですが、親の反対を一つのストーリーの軸として考えると、2カップル分は描ききれないような気がするのですが…。

恋愛感情だけじゃ付き合えない

3話でも樹とヘルパー長沢の固い絆についてはしっかりと描かれていました。でも樹は長沢に対して全く恋愛感情を持っていないしな~とタカをくくっていましたが、「私は樹君を好きとか嫌いとかいう理由でそばにいるわけじゃないの!樹くんとは恋愛感情だけじゃ付き合えない」ときっぱり言われてしまうと、やはりこの先どうなってしまうのかわからなくなってきますね。確かに障害がある人が、自分を支えてくれる人という理由でパートナーとして選ぶという結末は、「ハチミツとクローバー」という漫画であったんですよね。ラブストーリーとして見ていると「本当にそれでいいの!?」と思ってしまいますが、現実的には実はすごくありえそうです。

つぐみは無事か?

予告を見る限り生きていることは確かですが、ホームに頭から落ちて、すぐそこに走って来る電車が見えていて…って、相当危険な状態でしたよね!?これによってお父さんが樹に「娘と別れてくれ」と頭を下げるみたいですね。あの状態だと健常者であっても助けられたかどうかは不明ですが、樹はやはり自分を責めてしまいそうですね。つぐみは守ってもらいたいとか幸せにしてもらいたいとか思っていないようですが、樹は好きな女の子に完全に頼って甘えて生きていく自分が許せなそうですし…。

まとめ

つぐみと樹の二人の気持ちは揺らぎなく恋敵の入る余地はないのですが、またしても「障害がある体では好きな人を守ることができない」という最初の問題に戻ってしまった4話でした。それに加えて、「好きという気持ちよりも、支えてあげられる能力の方が障害者にとってはパートナーとしてふさわしい」という長沢の意見はかなり説得力がありました。そのためにもつぐみには介護の資格を取って、樹を支える能力と理解できる知識を身に付けられるといいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です