パーフェクトワールド1話ネタバレあらすじ感想!再び会う2人

ドラマパーフェクトワールド風イラスト

松坂桃李さんと山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」第1話が放送されました!

1話から障害者の想像を遥かに超える大変さを突きつけられショックも大きかったですが、松坂桃李さんの穏やかな話し方と山本美月さんのうぶな感じにとても癒されました。

こちらでは「パーフェクトワールド」第1話のネタバレあらすじ感想などを書いていきます。

ぱん太

実は松坂桃李さんめっちゃファンなんです

パーフェクトワールド1話あらすじ 再会してしまう運命

運命の再会

川奈つぐみ(山本美月)と鮎川樹(松坂桃李)は、高校の同級生だったが12年ぶりに仕事の席で再会する。高校時代はバスケ部のエースでクラスの人気者だった鮎川だったが、なんと事故で車椅子姿になっていた。

「もう恋愛をする気はない」と話す鮎川だが、つぐみは鮎川が初恋の相手だったため、会うたびにドキドキしてしまう。

しかし鮎川と一緒にいると、今まで知ることのなかった障害者の大変さを知り、やはり鮎川が障害者であるということを自分に自信がまだ完全に受け入れられていない。

鮎川の元カノ

鮎川には高校時代に皆が認める彼女がいた。だからつぐみも告白することはなかった。その彼女とは高校卒業しても続いていたそうだが、大学時代に鮎川が事故に遭い脊髄を損傷して、二人はダメになったらしい。元カノは今度結婚するが、鮎川にも祝福してもらいたいと結婚式に鮎川を招待していた。

鮎川は元カノと別れた時に死にたいとさえ思ったほどで、元カノに会うことには抵抗があった。そのため、つぐみに彼女のふりをしても欲しいと頼み一緒に同窓会に出席する。

元カノとの再会は鮎川にとってやはり辛いことで、鮎川は途中で帰ってしまうが、つぐみが追いかけてきたところで鮎川はおしっこを漏らしてしまう。下半身の感覚がないので油断するとお漏らしをしてしまうことがあるのだ。

傷つく鮎川だったが、つぐみは優しく家まで送り届け、落ち着きを取り戻した鮎川は、初めて自分の障害者として弱い部分をつぐみに話してくれる。鮎川は元カノのことを吹っ切ることができ、つぐみと一緒に結婚式にも参列した。

鮎川とつぐみがキス!?

鮎川は大事なコンペを前に無理をしすぎて入院してしまう。入院中もコンペの資料を作成し続けようとする鮎川だったが、もともと絵を描くのが好きだったつぐみが色塗り作業を手伝うことに。そしてコンペは成功した。

祝杯をあげようとつぐみが持ってきた缶ビールの炭酸が溢れて、鮎川の服が濡れてしまう。それを拭いていたつぐみの顔が鮎川の顔に急接近!二人はキスしそうになるが、もう恋はしないと決めていた鮎川が足踏みをしてしまう。

そこへ鮎川のリハビリの担当だった介護士の長沢葵(中村ゆり)が入ってきて、早川にハグをする!かなり親しげな二人の様子につぐみは戸惑ってしまい…。

パーフェクトワールド1話感想 開始数分で泣きそうに

松坂桃李がかっこよすぎる!!

なぜ90%の感想がこれですね!声がヤバい!話し方が穏やかで優しすぎてヤバい!顔かっこよすぎる!!漂う色気がすごい!!

「この世界の片隅で」の時も、本当に穏やかで優しくて人間がよくできていて、これは惚れる~っ!!っていう男の役でしたよね。

そういえばあの時の松本穂香ちゃんもちょっと抜けていて守ってあげたくなるようなおどおどしたタイプ。今回の山本美月ちゃんのキャラにちょっと似ているような気がします。

松坂桃李さんは頼れる優しい男の大人!という印象なので、こういう可愛らしい女の子とのバランスが最高にいいですね!

障害者の大変さが勉強になる!

今回バリアフリーのない会場についてのエピソードがあって、つぐみが「行ったことのある場所だったのに全然気づかなくてごめん」と自分を責めていましたよね。

身近に車椅子の人がいなければ、車椅子の人がどんなことに普段不便しているとか考えもしないし、気づけないこともいっぱいある。主人公の気づきがそのまま視聴者の気づきになっていて、勉強になる部分がたくさんあると思います。

それが同情とか偽善じゃなくて愛に変わっていくまでには、やはり葛藤があると思います。エレベーターがない会場に怒る、何ていうのは綺麗事で、1話から”排泄障害”というかなり重い問題を持ってきたのも衝撃でした。

1話では、主人公自身がまだ初恋の人が障害者であるという事実を受け入れられてなかった。
2話以降では、親などの周りの人の反対。一つ壁を乗り越えても次の壁が出てくる…けっこうこれはリアルな問題だと思います。

脇役にも注目!

高校時代につぐみの友人で密かに想いを寄せているメガネ君に瀬戸康史さん!
最初、誰?と思うほどちょっと太ってもっさりしてダサい感じになっていましたね。本来フェアリー男子なのに…。
私は原作未読ですが、原作の是枝くんにかなり寄せてきているみたいですよ。
今後絶対に三角関係でキュンキュン展開、きますね。

あとは、主人公が自分の思いを語る妹同居あるある!

妹の岡崎紗絵さんが結構非道徳的な人間に描かれていますが、あれって誰しも内心では思っていて偽善の心があるからあからさまには言えないだけ。妹の台詞を聞いていると胸が痛くなるのは、多少なりとも自分の中にもそういう思いがあるからだと思います。

障害者に対して全く偏見なしに恋愛をすることができるのか?このドラマの最大のテーマだと思います。

まとめ

考えてみると、松坂桃李さんの純粋なラブストーリーって実は珍しくないですか!?
”純粋な”と言ってもやはり障害者のようなので、”ヒューマンラブストーリー” の部分もかなり入ってくるとは思うのですが。

ラブストーリーの部分と、主人公二人がお互いの夢に向かって頑張ると言う青春チェックの要素、障害に負けずに頑張って生きるというヒューマンの要素、全てに心が洗われそうなドラマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です