いだてん7話のネタバレあらすじ感想!視聴率低迷がやばい!

大河ドラマ『いだてん』イラスト画像

前回放送に続き、ストックホルムオリムピックへの参加者に選ばれた四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)がどう正式な出場の手続きに至ったか。

大日本体育協会の面々の関与とともに、対照的な二人を詳しく描いた第7回。

いだてん7話のあらすじ「おかしな二人」

四三、お金がない

嘉納治五郎(役所広司)に自費でオリムピックに参加すると約束してしまった四三。

援助を頼んだ田舎の兄(中村獅童)からは予想とは違って快諾の返事がきますが、その後音沙汰がありません。出発は迫り、準備に追われますが、資金調達の目途は立たず、追い詰められていきます。

嘉納からあの手この手でストックホルム大会への出場を促される弥彦。けれど家族の反対や将来を考えると乗り気になれません。

対照的な問題を抱えた四三と弥彦でしたが、結局オリムピックへの参加書類に揃って署名。その後、四三のマナー習得や英語のレッスンを通じて二人の距離は近くなっていきます。

兄の金策

熊本では四三の兄が金策に走っていました。四三の幼なじみ、スヤ(綾瀬はるか)の家にも押しかけ、スヤの提案である庄屋に向かいます。

費用の目途がたたず、気もそぞろな四三を治五郎は質屋へ連れて行きます。そして勝海舟に贈られた自分のフロックコートを質に入れ、四三にストックホルム行きの衣装を調達するよう手に入れた金を渡します。四三、もう後には引けません。

優勝カップを質に入れようかとした矢先、熊本の兄が現れます。オリムピック参加の資金とともに。

いだてん7話の感想 頑張れ四三

四三、走れない

オリムピック出場に向けて雑事に負われる四三。走っている暇も精神的余裕もない日々が描かれています。四三が夢中で走るシーンが少ないだけでその辛さが余計に伝わってきました。走っているだけで応援したくなる四三、中村勘九郎の演技力の賜物でしょうか。

何自由ないお金持ちのぼんぼん、三島弥彦。前回までは家族の無関心や反対もあまり気にしていない風でした。けれど、実はイメージよりも繊細でなかなか良い人であることが判明。

思わず手を差し伸べたくなる四三のキャラに影響されたのでしょうか。いずれにせよ、魅力的な人物になってきました。「いだてん」と「痛快男子」コンビの今後が楽しみです。

三島家の濃い面々

弥彦の母(白石加代子)、兄(小澤征悦)濃いです。乃木希典が訪れてしまう家も。その中で弥彦を何とか支えようとする女中のシマ(杉崎花)が健気で可愛い。女性の登場人物の少なさが寂しいので頑張ってほしいです。

前回同様、大日本体育協会の面々によって喜劇の舞台調なシーンが展開されました。ストックホルムへの随行員を巡ってアクの強い面々の駆け引きが続きます。選ばれたのは大森兵蔵(竹野内豊)と大森安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)でした。

暗室シーンは一服の清涼剤

全体を通じてコミカルで派手なシーンが多い中、弥彦と四三の暗室でのシーンが清々しかったです。騒々しい大人たちの中にあって若者二人の繊細さや純粋さが感じられました。

番組終了目前、現れたのは四三の兄の実次でした。寅さんのような風貌で強烈な登場でした。これからどうなるのでしょう。心配です。四三、頑張れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です