いだてん17話ネタバレあらすじ感想!落胆する主人公

大河ドラマ『いだてん』イラスト画像

ベルリンオリンピックの中止はいったいどう四三(中村勘九郎)に告げられたのでしょう?落胆は必至の四三を周囲はどう支えたのでしょう?立ち直れるか、いだてん?!

いだてん17話あらすじ いつも2人で

ベルリンオリンピックの中止

ヨーロッパの戦争の広がりにより無期延期となったベルリンオリンピック。四三は大日本体育協会にてその事実を知らされます。あまりの衝撃に嘉納治五郎(役所広司)の前で椅子に座り込む四三。下宿に戻って引きこもります。

心配した仲間たちが四三の元にやってきます。目標を失いもう走れないと弱音を吐く四三に車屋の清さん(峯田和伸)が活を入れ、高師の仲間たちが見守る中、スヤに頭から水をかけられました。

スヤ(綾瀬はるか)にはオリンピックがなくなった今、熊本に帰るかと問われます。それが幾江(大竹しのぶ))の強い希望でした。けれどそういう気持ちにもなれません。ただ、妻には悔し涙を見せます。

いだてんの転身

ベルリンオリンピックに代わる何かを模索する中、後進の指導に熱い思いを抱き始める四三。治五郎らの計らいで神奈川の師範学校に就職します。

四三同様にオリンピック中止が残念でならない治五郎。オリンピックを招致できるようなスタジアムの建設を新な夢にします。

新たな目標を見つけた四三と治五郎に妙案が浮かびます。一人では走れない長距離を50人のいだてんで交代に走る、というものでした。運よくスポンサーも見つかり、東海道を数多くの選手で走る日本初の「駅伝」が実現。アンカーはもちろん四三でした。

いだてん17話感想 戻ってきた男

明治男の立ち直り

オリンピックの中止により失意のどん底に落ちた四三や治五郎でしたが、立ち直りが見事です。両者ともにちょっと浮世離れした性格が功を奏したのでしょうか。四三の落ち込みようは見ていても辛かったですが、正直に自分と向き合い、仲間の助けを借りて復活していく姿は清々しかったです。

四三を支えるスヤが素晴らしい!「帰れ」と言われたかと思ったら「いたいだけいていい」と言われたり、四三の相手は本当に大変ですが、動じません。そんな妻だけに見せる四三の涙にぐっときました。二人を熊本で応援する幾江も見事です。

シマも頑張る

四三のご近所さんとして再び現れたシマ(杉咲花)。今はミルクホールで女給として働きながら学校へ通い、運動選手を夢見ています。初のオリンピック選手誕生を間近で見て刺激されたシマ。女性が運動することすら珍しかった時代に、自分の求める未来に向かって走っていこうとしています。トクヨ(寺島しのぶ)の反対にも負けないでほしいです。

国立競技場トリビア

「スポーツは国力の証!スタジアムはそのシンボル!」と次に目標をオリンピックの自国開催と決めた治五郎。早速、遠くに見える明治神宮に目をつけました。後に本当に神宮外苑に建設された国立競技場で東京オリンピックが行われましたが、この時は夢の夢。でもその種を撒いたのは治五郎らなのだな、としみじみと思いました。

足袋とたすき

始めての駅伝には四三や仲間たちのアイデアが満載でした。そのために改良された足袋やバトン代わりのたすき。日本人の駅伝好きの始まりだったんですね。ピエール瀧に代わって播磨屋の主人を演じる三宅弘城、全く違和感ありません。ずっと黒坂辛作だったようです。安心しました。

ヨーロッパでの戦争の影やオリンピック中止の衝撃を乗り越え、未来に向かって新しい一歩を踏み出した四三ら。放送ラストにはスヤの懐妊も判明し明るい雰囲気に包まれました。選手として、指導者として、夫として、父として…どう考えても不器用な四三はどうこなしていくのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です