いだてん13話のネタバレあらすじ感想!四三敗退!?

大河ドラマ『いだてん』イラスト画像

マラソンの途中で日射病になってしまった四三(中村勘九郎)。いったいどうなってしまったのでしょうか?その詳細が明らかになります。

いだてん13話のあらすじ 復活

カナクリ キケン ハイタイ

四三の敗退は電報や報道で日本の家族や仲間たちにも伝わりました。けれど本人も記憶を失っていて、詳細がわかりません。

選手団の通訳ダニエルに伴われ、四三は記憶のないコースを辿ります。体調を崩した後、道を間違え、コースを外れて民家の庭先で倒れてしまったのでした。

マラソンは過酷で完走できたのは選手の半数。親しくなったラザロも命を落としていました。自分もコースを間違えず走り続けていたら同じ運命だったかも知れないと悟る四三。そして完走できなかったコースを一人黙々と走ります。

戦いの終わりと大森との別れ

四三や弥彦(生田斗真)は波乱万丈のストックホルム滞在に終止符を打ちます。最後に大森(竹野内豊)に面会を希望しますが、叶いません。部屋の奥から合図を送る大森。日本での再会を約束しますが、大森が再び日本の土を踏むことはなかったそうです。

初日を迎えた朝太。友人に着物を贈られたのがプレッシャーになったのか、泥酔状態で高座に。けれど途中で立ち直るきっかけを掴みます。

いだてん13話の感想 謎だった四三の動向

四三に何が起きたのか?

前回は謎のままだった競技途中からの四三の動向。通訳のダニエルに案内されて記憶の空白を埋めていきます。とはいえ、時間や場所が曖昧だったり、子ども時代の四三が現れたり。不思議な雰囲気で四三の気分を追体験するような感じです。
哀しきタイムラグ
電報や郵便が一般的な通信手段だった当時。敗北について知らされた後に故郷には大会前に四三が書いた手紙が届きます。不安を打ち消すような希望に溢れた内容。家族やスヤ(綾瀬はるか)の反応が切ないです。四三が帰ってきたらどうなるのでしょう。

嘉納治五郎(役所広司)と大森の会話やオリムピック関係者の会議などから「若者の大会」は大人によって開かれていることをヒシヒシと感じます。「平和の祭典」「若者の大会」はあくまで目標。まだまだ国の威信をかけた戦いであり、多くの若者が傷つく場でもありました。
アジアでの開催など想像もされてなかったのですね。

Missing Japanese(消えた日本人)の復活

マラソン途中で失踪した四三はMissing Japanese(消えた日本人)と呼ばれて人々の記憶に残ったそうです。けれど四三自身は改めてコースを一人走りきることでストックホルムオリムピックを完結させたように見えます。弥彦と四三、それぞれに復活に向けての一歩を踏み出したようです。

順調に初高座への準備を進めているかに見えた朝太でしたが、土壇場になってプレッシャーにやられてしまいました。四三のような疲労や天候が原因ではなく、友人の激励などが引き金に。落とし穴はどこにあるか、本当にわかりません。ただ、高座途中から自分を取り戻したこと、師匠も何かを認めたようなのが救いです。

四三、弥彦、朝太、それぞれの大きな舞台が終わりました。その結果は今後の人生にどんな影響を与えるのでしょう。今回の敗退からの復活を見続けたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です