大河ドラマ「いだてん」1話のあらすじ感想【1月6日】

大河ドラマ『いだてん』イラスト画像

いよいよ始まった2019年大河ドラマ「いだてん」。

豪華キャストとリアルに再現された近代東京の風景に心は一気に1964年の東京オリンピック前にタイムトリップされた方も多いのではないでしょうか。

朝ドラ「あまちゃん」を大ヒットさせた人気脚本家宮藤官九郎と制作陣が2020年を前に日本人のオリンピックブームをどう最高潮に導いてくれるのか。いろいろな意味で期待の大きい大河ドラマの始まりです。

大河ドラマ「いだてん」1話のあらすじ「夜明け前」

https://www.instagram.com/p/BsStffGnii8/

「いだてん」には「東京オリムピック噺」という副題がついています。今私たちが当たり前のように使っている「オリンピック」という言葉も日本の庶民は知らなかった時代からの物語です。

明治42年、著名な柔道家で東京高等師範学校の校長であった嘉納治五郎(役所広司)は駐日フランス大使から「オリムピック」への日本の参加を打診されます。それまで西洋諸国のみの参加で行われていたスポーツの祭典。

それをより国際的なものにするため、是非日本もという主催者側の希望。その活動実現への「適任者」と指名された嘉納は参加に向けて動き始めます。

役人や教育関係者、そして実業家などに当たり、オリムピックへの参加実現を説きますが、最初は難航します。当時の日本にはまだスポーツという概念もなく、体育教育は己を鍛えてお国のために戦える身体を作るため。諸国の若者が友好や平和のために集って運動能力を競うなどという意図はなかなか理解されなかったのです。

しかし、運動を愛好する若者たちとの出会いなどを経て、遂に参加を決めます。それだけでなくいずれ東京にオリムピックを招致したいという野望すら抱きはじめるのです。

まずは目前のストックホルム大会参加のために選手の国内予選を開催。そのマラソン種目の競技会で世界新記録でゴールに飛び込んできたのが「いだてん」金栗四三(中村勘九郎)でした。

大河ドラマ「いだてん」1話の感想

https://www.instagram.com/p/Bp1IwWsFYsv/

このドラマ、まずはそのテンポの速さと出演者の豪華さに度肝を抜かれます。典型的な時代ものの大河ドラマと違い、物語の予想が難しい上、早い展開で次から次へテロップで名前を紹介される人物が登場します。

北野武や小泉今日子に始まり、後半の主役となる阿部サダオを筆頭とする多くの演技派俳優陣、そして星野源や橋本愛、松坂桃李などの若手スターたち。

初回は顔見世のような意味で主な登場人物を一通り見せる、というのは過去の大河ドラマでもありましたが、役名になじみがないからなのか、一人一人を認識する間もなく次が現れて、息つく間もないスピード感でした。

2回目以降からは人数もしぼられて落ち着いて筋を追えるのだと思いますし、ドラマが終わるころにはこの人間関係をすっかり理解してその結末を温かい気分で見届けられるようになるのでしょう。

北野武演ずる古今亭志ん生の存在もとても大きそうです。噺家として途中に落語を披露する場面がいくつかあったのですが、短いシーンだからか、ネタの面白さが今一つつかめなかったのが残念でした。古今亭志ん生や落語の理解を深めると「いだてん」の面白さがよりアップするかも知れません。

そして時代設定。近いようで遠い、遠いようで近い明治・大正・昭和初期。2020年のオリンピックに向けて東京の街からその残影が一掃されつつある今、あの時代を観たり知ったりするのがかえって新鮮に感じられます。

1064年の「東京オリムピック」とともに生きた人々とその時代。彼らは時空を超えて何を語りかけてくるのか。私たちはそれをどう受け取って2020年の「東京オリンピック」まで疾走するのか。この一年の最高の伴走車になってくれそうな「いだてん」。次回が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です