3年A組9話のネタバレあらすじ感想生徒全員が泣く最高の感動シーン

3年A組イラスト画像

いよいよ残り2話の3年A組ですが、今回の最後にとんでもない衝撃の展開が待っています。

一颯が伝える真実とは一体なんのか。最後まで目を離せない3年A組の第9話のあらすじと感想をまとめました。

私たちは真実にたどり着けているのだろうか。それとも真実はまだ隠されているのだろうか、乞うご期待!

3年A組の9話あらすじ一颯が最後に生徒に伝えたい思いとは

柊一颯の3回忌で集まる3年A組の生徒

物語は柊一颯(菅田将暉)が亡くなって3回忌で、3年A組の生徒が逢沢博己(荻原利久)の作っていた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー動画を放映するために集まっていました。

中には高校時代から変わっているものもあれば変わっていたものもいたのです。オペラが上手だった辻本佑香(大原優乃)はCDデビューを果たしていました。

魚住華(富田望生)は好きだった須永賢(古川毅)に12回告白をしてやっとの思いで付き合っている生徒や熊沢花恋(堀田真由)がオリンピックの強化合宿に選ばれてその専属コーチに真壁翔(神尾楓珠)がなっていました。

生徒は一颯が亡くなってあの事件が終わってからいろいろな道を歩んでいたのです。そして、逢沢が作った景山のドキュメンタリー動画を流そうとしましたが、まだ茅野さくら(永野芽郁)が来ていませんでした。

ただ、来るかもわからなかったのです放映を始めました。景山が抱えていた悩みなど一颯に打ち解けた内容などがすべてそこに映っていたのです。そんなとき、茅野が遅れてやって来ました。

柊一颯の最後の授業

物語は生徒が高校3年生で、ガルムフェニックス(前川泰之)の協力によって一颯は郡司真人(椎名桔平)を人質に捕ることができました。

その後一颯は意識を失います。そんなとき、ネットに一颯が作ったフェイク動画を投稿し、景山殺害の犯人を武智大和(田辺誠一)から一颯に変えたのです。

その投稿者を警察が調べ相楽孝彦(矢島健一)だということが判明し、孝彦は署まで出頭しました。孝彦は出頭する前に一颯に電話をし、そこで自分がガルムフェニックスを一颯にすることに反対していたことを話します。

しかし、今ではファイター田中がガルムフェニックスを一颯に任せようとしていたことがわかったと言い電話を切ります。さらに、娘の文香(土村芳)にはしばらく出張に行くといい、家をあけると言われ、なにか不安を感じた娘は全て気づいたのです。

なぜ今まで警察に話をさせてくれなかったのか、それは孝彦が一颯と協力して文香の復讐をしていたからだったのです。

一方で、そのネット動画を見て逢沢は自分が一颯に今回の事件協力を頼まれていたときのことを思い出していました。

最終的に自分が悪役になる必要があり、今回のフェイク動画を投稿して犯人を武智から一颯に矛先を変えたのも一颯の計画通りだったのです

。一颯が意識を取り戻し、教室にやってきてすべてを伝えると生徒に今回の事件の背景や動機を伝えました。一颯は学生時代から付き合っていた恋人が武智にフェイク動画を流されて精神が病んだため、武智のいるこの魁皇高校にやって来たのです。

しかし、学生時代に患っていたガンが再発して、景山が亡くなった日に余命を宣告されました。自問自答をした結果、今回の事件を計画しようと決心したのです。

そして、今回の事件には3つの目的がありました。1つ目は武智に罪の重さを伝えるためであり、2つ目はまだ明かされていません。

3つ目は感情が麻痺した大人にはなってほしくなかったと生徒のためだと言いました。伝えた後、明日の昼には生徒全員を解放するといい今までお疲れ様と言って去っていきます。生徒はなんだか複雑な心境でした。

茅野がみんなに隠してきた思い

一颯は新しい指揮官の本城(篠井英介)に電話をして、屋上で最後の要求を伝えると言います。一颯が去っていった後、茅野は一颯のところへ行き、これ以上先生が悪者にされるのが耐えられないといい、屋上に行くのを止めます。

しかし、一颯は茅野がいる場所を爆破して屋上に来ることができないようにしました。これが本当の最後で、生徒を巻き込みたくないという一颯の思いが天井を爆破したのです。茅野が落ち込んでいると、逢沢が助けにやってきました。実は逢沢は今回の事件が茅野のためでもあると一颯に聞かされて協力をすることにしたのです。

一颯は屋上で狂気な犯罪者を演じていて、その一部始終を生徒たちはニュース中継で見ていました。すると、次の瞬間に銃声が鳴り、一颯は撃たれました。一方、教室でも茅野が戻ってきて澪奈を殺したのが私だと言います。銃声で撃たれたような衝撃の言葉を放ちました。真実はいかに、来週全てが明かされます。

3年A組9話の感想誰も主役はいないが全員が主役に見える構成でした

3回忌のシーンで生徒に関する伏線回収劇!!

物語が急に大人になった生徒から始まり少し動揺しました。さらに大人になった生徒たちは自分が進むべき未来を歩んでいたのです。

そこでの高校時代の伏線が回収されていて驚きました。まずは、辻本佑香で、前回で歌を披露する場面がありました。信じられないくらいの美声で視聴者を感動させていました。そんな彼女が現在ではCDデビューを果たしていました。

つぎに、一番気になるところが魚住華と須永賢の2人の関係性でした。すると、二人は手を組んで教室にやってきました。そうです、付き合っていたのです。しかし、そこまでにたどり着いた道は険しく大変だったそうです。

華が12回の告白を経て須永が折れて付き合いました。その12回のシーンがすべて映し出されていて、最後は彼女らしい投げ技で告白をして、須永がもう負けたよと言い付き合ったのです。個人的に12回も会ってくれていただけ優しいなと感じました。

他にも蓮と涼音がまだ付き合っていたり、堀部瑠奈が大人っぽくなりより一層可愛くなっていたりと変わった者もいれば変わっていなかった者もいました。

全員が泣きまくる感動シーン

今回のテーマは最後の授業でした。すべての事件の真実を語りだした一颯は最後に俺を先生にしてくれてありがとうと生徒に対して言いました。

出来た先生過ぎませんか。生徒からしたら爆破されて人質にされてしまったが、もしこの事件がなければ生徒たちはどうなっていたのでしょうか。自分たちがやってきた罪の重さや考えの甘さに気づかずに生きていたことでしょう。

それを教えてくれたのが柊一颯で生徒が感謝をするべきなのに一颯は自ら生徒に感謝の辞を述べたのです。生徒たちは語られる真実のもとでは泣くことしか出来ませんでした。その生徒1人1人の泣きシーンを単体で撮っているのは良い演出でした。

生徒からしたら少しプレッシャーかもですが、それを感じさせないくらい本気の演技で泣いていました。この泣きは演技なのか、それをも一颯演じる菅田将暉の本気の演技に圧倒されて本当に泣いたのではないでしょうか。

茅野さくらに対する伏線

今回の最後で衝撃な言葉を投げたのが茅野です。茅野は自分が澪奈を殺したと言い出します。よく考えると、9話はその伏線だらけだったのです。

まずは逢沢が手伝った理由として一颯が今回の事件は茅野のためでもあると言ったことや3回忌のときに宇佐美香帆(川栄李奈)が来づらいかもねと言ったこともそうです。

最初に来づらいかもねと言ったのは親友だった茅野が澪奈の思っていた真実を知るのが重いのだからかなと考えましたが、自分が殺したからそれを知ると余計辛くなるとうことではないでしょうか。

さらに今回の主役とも言わんばかりの役だけれども、まだ主役の回がないのです。まだ茅野の背負っている思いが明らかになっていません。次回で明らかになることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です