3年A組6話ネタバレあらすじ感想!福原遥の演技が見事!!

3年A組イラスト画像

3年A組6話のあらすじ感想を情熱的に書いていきたいと思います!!

3年A組6話あらすじ今回の一颯のメッセージはとても熱く、観ている人みんなに突き刺さるようなメッセージ−

生徒が全て知った後の日常−本当にすべて信じていいのだろうか−

前回、生徒たちは柊一颯(菅田将暉)の本当の目的が景山澪奈(上白石萌音)を殺した犯人を見つけ出すということを知りました。

さらに一颯の身体は侵されてもう時間がないことを知り、生徒たちは一颯の計画に賛同するようになりました。

そこから生徒たちはご飯も食べることができ、シャワーを浴びられるようになったのです。久々にいつもの生活が出来て生徒たちも元気に踊るように楽しんでいました。

前回で、魁皇高校の教師の中に真犯人がいる可能性があることがわかりネットでも騒ぎになっていました。

しかし、ネットは生徒を殺した殺人者などと一颯に批判の嵐ばかりです。そんなとき、一颯がネットに3月5日の新聞とともに生徒全員の後ろ姿が写った写真を投下し、生徒は誰も死んでいないことを明らかにしました。

すると、ネットでも騒ぎ出し、とうとう一颯がヒーローではないのかという予測まで出てきたのです。そして、ここからヒーロー篇第2部の幕開けが始まりました。

その授業の課題というのは魁皇高校の教師に対して夜の20時までにベルムズに景山のフェイク動画を依頼したい人を見つけるということです。

もし見つけられなかったら教室を爆破すると言いました。生徒たちは手を組んだはずなのにまだ人質にされていて驚きを隠しきれませんでした。

そして、一颯は生徒たちに手を組んだわけではなく、真実を暴くために命を差し出してほしいと頼んだのだと言いました。

それを聞いた生徒たちは携帯で何かを打とうとしましたが、それに気づいた一颯は携帯とカバンをまた回収しました。一度信じあった生徒たちと一颯でしたがまた悪い方向に戻ってしまったのです。

生徒から飛び交う教師の裏の顔−1人の生徒のつらい過去−

生徒たちもフェイク動画を依頼した教師を考え始めました。

生徒たちの中で候補は校長の市村(ベンガル)と地理教師で一颯を狙っていた森崎先生(堀田茜)と学年主任の佐久間先生(バッファロー吾郎A)とテレビで熱血教師として大活躍の武智先生(田辺誠一)と体育教師で水泳部顧問の坪井先生(神尾佑)に絞られました。

そして、生徒たちからたくさん教師の裏の顔が出てきたのです。その中でも本命と思われたのが水泳部顧問で何かと厳しい坪井先生でした。

水泳部のキャプテンである熊沢花恋(堀田真由)によると、坪井先生はとても厳しく、坪井先生を理由で辞めていった部員も多くいたことがわかりました。

そのうちの1人が水越涼音(福原遥)でした。涼音は景山に並ぶほどの期待の新人で熱心に部活に励み、坪井先生にも気に入られていたのですが、坪井先生に中尾蓮(船山海斗)と付き合っていることがバレて部員の前で写真をばらまかれお前みたいなやつは部員にいらないと怒鳴ったそうです。

それを思い出してトイレで泣いていると、携帯を持った結城美咲(箭内夢菜)がいました。携帯を持っていることが一颯にバレたらやばいと思い、美咲は涼音に黙っていてと頼みましたが、涼音はだったら言うことを聞いてほしいと言ったのです。

そして、涼音はその携帯で坪井先生にやられたことをすべて告白した動画をネットにあげさせました。しかし、女子トイレの洗面台だけには監視カメラがあり、その一部始終を一颯は見ていたのです。

何もせずに一颯は見届けました。そして事件から外された刑事の郡司真人(椎名桔平)は別のルートから事件を紐解こうとしていました。

一颯の前の職場に訪れてスーツアクターを一緒にしていた人の話によると。一颯は真面目な人で演技やアクションにも一生懸命取り組んでいたと言います。

そこで一颯がガンになり、スーツアクターを諦めて相楽文香(土村芳)と同じ教師の道を歩んだことがわかりました。さらに、この会社の社長が相楽孝彦(矢島健一)だったのです。

それを聞いて、郡司は生徒たちを殺したかのように見せたフェイク人形がその会社で作られたものかを調べるように頼みました。

生徒に熱いメッセージを−いよいよ真犯人お披露目!?

ネットでは美咲があげた動画で坪井先生がバッシングされていました。

夜の20時が近づき、一颯はネット電話で教師たちと連絡を取り出し、一番怪しいとされている坪井先生に対して涼音を呼び、説得させるように言いました。

涼音は部活の時にされたことをぶつけだしましたが、そこに校長が割り込んできました。そこには涼音が知らなかった真実が隠されていたのです。

涼音が部活を休んだとき母親から医者の話を一緒に聞いてほしいと頼まれました。そこで医者から練習のし過ぎでこれ以上運動をすると危険だということを伝えられたのです。

そこで、母親から涼音をやめさせるように説得してほしいと頼まれて、あの冷たい感じで涼音を追い込んでしまったのです。

涼音は自分がしたことをとても後悔し反省していましたが、この動画はネットにはあげられておらず一颯が止めていました。

しかし、この動画をあげようとしていた涼音に対して一颯は牙をむき出したのです。本質から目を背けてはいけないや感情に任せて過ちを犯せる歳ではないなど生徒たちに自分の言葉や行動に責任を持て、言葉の重荷を伝えます。

そして、再度教師たちとネット電話を繋げ、誰も名乗り出なかったので教室を爆破すると言い出します。そして電話が切れたすぐに爆破音が聞こえました。

しかし、爆破された教室は3年B組でした。ただ、ネットでは生徒の命より保身を選んだ教師たちにバッシングの嵐です。

生徒たちは無事でしたが生徒の中では一颯を信じることができなくなってきている生徒もいました。しかし、茅野さくら(永野芽郁)は一颯がヒントを出していたと言います。

実は、授業の前に信じる信じないゲームをすると言い出し、メガネを掛けている時は信じて、書けてない時は信じるなと先に言っていたのです。

教師と電話している時は一颯のメガネは外れていたのです。そして、郡司は孝彦がここ数日、個人名義で火薬や人形を発注していることを知り、孝彦と一颯が繋がっていることに気づきました。

さらに、孝彦は景山が死ぬ直前の動画と思われるものをネットに投稿したのです。さらに、一颯からhunterの名前が言い渡されました。その名は・・・武智先生。

3年A組6話の感想 いつもとは違うメッセージの伝え方

やはり秀逸な脚本

huntetの名前が言い渡されましたが、その前にネットでは予測がされていました。予測では武智先生が怪しいとなっていて、答えも武智先生だったのです。

しかし、最初に坪井先生が怪しいと思わせて、さらに自分から言わせるのではなく一颯自身が答えを教えてわからせたからなのか武智先生だったけどなんかいい意味で裏切られた気がします。

予想通りの答えなのに答えに行き着くプロセスが予想とはぜんぜん違ったので何度も期待を裏切られる作品だなと思いました。

そして今回気になったのはメガネです。茅野が一颯のメガネをかけるシーンがありました。なぜかけたのかなとずっと疑問に思っていましたが、最後に全てわかったのです。

メガネをかけるときは信用しろ、かけていないときは信じるなと生徒たちに言っていました。茅野は先生を信じると言ったときにメガネをかけました。

だから、一疾風に対して信じてという意味を込めてメガネをかけたのだと思うと流石に考えられすぎているなと脱帽しました。

一颯のメッセージが胸に突き刺さる

恒例の一颯が若者に対して伝えるメッセージですが、今回は上辺だけをみて本質から目を背けるなでした。これは若者なら誰もが響くと思います。

受験や就職先をブランドや友達と同じだからといって選ぶのではなく、もっと本質を見て自分の頭で考えてから決めろと一緒です。言葉だけじゃよくあるセリフかもですがこれに菅田将暉さんの熱い演技が加わり胸に突き刺さりました。

自分の頭で考えてこれはやっていいのかダメなのかなどを理解してから行動しようと改めて思いました。来週のメッセージも楽しみになってきました。

最高峰の演技の共演

今回一番驚いたのが水越涼音役を演じている福原遥さんの演技です。簡潔に言いますと上手すぎました。あの菅田将暉さんに負けない演技だと思います。

最初から少し圧があり裏ボス的なポジションの役を演じていましたが、今回は完全に人柄が出ていました。

ただ、怖い人ではなく、自分が間違っていたと思えば反省するけど上辺だけでしか判断せずに行動してしまう若者代表みたいな役でした。

それを忠実に再現し、菅田将暉さんに追い詰められているときの演技も最高でした。菅田将暉さんの演技も最高でそれに被せて苦しみや辛さを表す演技が本当に震えました。最高峰の演技の共演でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です