3年A組3話のネタバレあらすじ感想!SNSの評判も!

3年A組イラスト画像

一颯の作戦の凄さに圧倒されます。ここまで考え込んでいたからこそこの事件は誰に求められないのだと改めて思わされる内容ばかりでした。

郡司の熱い想いなども聞けて大変熱くさせられる内容でした。

3年A組3話の簡単なあらすじ

警察におにぎりを要求した柊一颯(菅田将暉)。そして、警察と一颯が会うことを内通者がネットに拡散をしたのです。警察の代表者として五十嵐徹(大友康平)が一颯のもとへ向かいました。

向かうと、真っ先に一颯に五十嵐が付けていた盗聴器がバレてしまい、壊されてしまいます。

しかし、これはすべて一颯の作戦通りでした。五十嵐は一颯の仲間で、今回の事件に加担していたのです。それを知っているものは他にはいません。

一颯は五十嵐に拳銃を持ってこさせて、拳銃を入手したのです。教室では、また一颯の授業が始まりました。

今回の課題は、宇佐美香帆(川栄李奈)がネットに載せた景山澪奈(上白石萌歌)のドーピングが疑われたフェイク動画を撮影した犯人を見つけることです。

そして、その犯人探しを警察の郡司真人(椎名桔平)に電話で聞こえるようにしました。答えを夜の20時までに、正解であれば生徒全員解放するが、不正解だと生徒5人の命が奪われてしまいます。

そのことを内通者がまたネットで流します。それを逆手に取り、郡司らはその内通者とコンタクトを取り始めたのです。

犯人探しを始めた郡司らと生徒は動画に写っているジャージを見て水泳部の犯行だと予想し始めます。そこで生徒から犯人と思われる人物が浮上しました。

水泳部の部長である熊沢花恋(堀田真由)です。花恋は部長なのにいつも注目が澪奈だったことに嫉妬していました。

花恋はマネージャーだった真壁翔(神尾楓珠)にも犯行は可能といい、2人のどっちかが犯人と生徒たちの中では予想され始めました。

しかし、香帆はジャージだけで判断しないほうがいいとみんなに言いましたが、前回の一見からみんなは香帆の声に耳を貸さなかったのです。

香帆は教室で1人浮いてしまっています。そんな香帆に茅野さくら(永野芽郁)はさっきの理由を聞きに行きました。

すると、香帆はジャージを借りたら誰でも水泳部になりすませることができると言いました。そこで香帆は茅野が行った澪奈の全国大会に水泳部以外の人はいなかったのかを考えさせました。

すると、茅野は思い浮かぶ人がいたのです。一颯は部屋で澪奈の事件に関連する動画をいくつも観ていました。

そこには澪奈の学生生活で苦しんだ過去がたくさんありました。翔は澪奈につきまとっている不良の連中らに彼氏と勘違いされ暴力を振るわれ、選手生命を失ったという悲しい過去があったのです。

そこで翔に対してマネージャーを勧めたのが茅野でした。茅野は香帆と逢沢博己(荻原利久)を呼んで、全国大会に里見海斗(鈴木仁)がいたことを再確認します。

そのことを諏訪唯月(今田美桜)らに聞かれて、生徒全員の前で里見が会場にいたことを話し始めます。そして、その里見のことを内通者が郡司らに伝えたのです。そこで郡司は内通者に花恋と里見に質問をさせました。

夜の20時が近づき、一颯が教室に戻ってきました。郡司は袖のシミに注目をし、その日食べたものを内通者に聞かせます。

しかし、それも一颯の作戦の1つ、内通者は一颯の共犯者でした。郡司は一颯の手の中で踊らされていただけです。

郡司はその内通者の言葉でトマトジュースと回答した花恋を犯人と予想したが真実はその逆でした。里見がフェイク動画を撮った犯人です。

里見は澪奈に告白をして振られた過去がありました。その帰り道に誰かから景山が憎いなら動画を撮ってこい、あとはこっちで上手いことすると言われ、振られたはらいせに動画を撮ってしまったのです。

加工をした人物、そして香帆のカバンにDVDを入れた人物はまだ誰なのかわかりません。里見には負の感情を跳ね返して明日の生きる活力にできなかったのが今回の事態を招いたと一颯は言います。

そして、一颯は郡司が間違えたことにより、生徒5人の命を奪おうと拳銃を出します。今から呼ぶ5人は隣の美術室に来い、それ以外のものは教室から出るなと言い出しました。

郡司は学校に向かったが、美術室の天井が爆破し、さっき呼ばれた5人が下敷きとなってしまったのです。ネットも5名が死んだことで笑いものにするものは消えていきました。

しかし、この5人も前回亡くなったと思われる中尾蓮(三船海斗)は死んでいませんでした。

3年A組3話の感想

まさかの仲間!?

まさかの展開で驚きました。

警察と対決が始まると思ったらその警察のTOPが仲間だったとは考えられませんでした。いい意味で裏切られてなんだか悔しくてこれからも観続けてやるって気持ちさせられました。

しかし、不可解なのはなぜ五十嵐が一颯の仲間としてこの作戦を遂行しているのかです。もしかしたら弱みを握られているからとか考えるかもしれませんが、今回はかなり親密に関係している雰囲気なのでそれは考えにくいです。

だとすると、一颯の事件に対しての想いに共感したのか?もしくは、五十嵐本人も自殺の事件に関わっているのか?謎が深まるばかり。

あと、個人的に二人の掛け合いの最後に五十嵐が一颯に殴られないとおかしいから殴ってくれという流れで一颯が助走をつけて思いっきり殴ったシーンの掛け合いがとてもコミカルで面白かったです。

そして内通者も一颯の共犯者でした。ここまで内部にも外部にも強力な共犯者がいると解決できる事件も解決するのは困難です。

内通者は今回で簡単にバレると思っていましたが、まさかこれも一颯の作戦とは思いませんでした。本当に今回の事件、いろんな人が協力するのには事件の真相が何かを意味しているのかなと思います。

個人的に内通者は逢沢くんなら面白いと思いますが、これも予想に過ぎません。誰が内通者なのかも予想しながら観ると面白いと思います。

水泳部の消したくても消えない過去

最初は澪奈と花恋と翔は本当に仲が良く、3人で全国大会に行こうとう想いを思っていました。

しかし、それがある日一気に崩れます。澪奈のファンという不良に翔がボコボコにされてしまいます。

それから3人の関係は悪化、いや澪奈と花恋の関係は悪化しました。花恋はおそらく翔が好きで、でも、翔は澪奈が好きだったというまさに絵に描いたような三角関係です。

これが澪奈の自殺に関わっていたかはわかりませんが、このような過去は消したくても消えないのが人間です。澪奈もこの2人とずっと仲良くいれたら死ぬことはなかったのかもしれません。

郡司が元教師!?

あらすじに書くと長くなってしまいますので感想でまとめます。

一颯が急に郡司の過去について話し出しました。生徒一人ひとりに向き合い、厳しい指導をし、ときに体罰として非難をされていました。

しかし、生徒は改心するものが多くいました。一人の生徒が集団暴行をされて亡くなってしまったのです。そして、それから怒りや悲しみを犯罪に目を向けた。

弱者を傷つける犯罪を横行しない世の中にするために刑事になったのです。自分が受けた負の感情を跳ね返して明日の活力に変えました。

まさかの全員生きていた!!!

最後の最後に今回の事件が不正解だったことで5名が殺されました。以前にも1人もう殺されています。しかし、実はこの6名とも誰も死んでいませんでした。

ネットでも本当に殺しているのか予想をしだすものも多かったですがやはり殺されていませんでした。個人的に早めに公開したと思いましたが、次回予告を観ると、第1章がそろそろ終わり、景山澪奈の自殺の真相の黒幕もわかるかもしれません。

5話が1章の最後なら3話で生きているか死んでいるかを見せるのは健全だと思います。ならここで気になるのが第2章はどんな物語が待っているのかです。

ここでキーワードをまとめたいと思います!

  • Let’s Think
  • 弱者
  • 明日を生きる活力

これだけ見ると一颯がやりたいことは目に見えます。生徒を改心させたいのが本当の目的だと私は思っています。では、次回もお楽しみ!

3年A組3話を観た視聴者の方々の感想は?

一番多かった感想は、やはり殺されたはずの生徒が生きていたと判明し安心したという声でした。

もし本当に主人公の柊一颯が生徒を殺していたらドラマの内容にしてはかなり重すぎ
ます。

主人公の柊一颯が人を殺していないと知り、柊一颯を演じている菅田将暉さんファンの方々は特に安心したのではないでしょうか?
やっぱり好きな俳優さんが生徒を殺す役をしていたらなかなかショックですよね。

今回、景山澪奈と好き同士だった事が判明した真壁翔役の神尾楓珠さんがカッコいいというコメントも沢山出ていました。

景山澪奈のフェイク動画を撮影した里見海斗役の鈴木仁さんもなかなかのイケメンです。

上記のコメントにもありましたが、死んだ事になっている生徒たちが増えてくると嘘をつかせるのも大変ですし、だんだん苦しくなりそうですよね。

5人が生きていたと分かりこれで展開が読めるといった声もありました。

確かに、殺されたと思われている生徒は景山澪奈との関係が薄い生徒ばかりです。

自分が好きな俳優さんが生きていて安心したという声も出ていました。
今回、殺害される5人に選ばれた中の一人、西崎颯真役の今井悠貴さんは「はだしのゲン」で進次を演じていた天才子役ですよね?
凄く成長が早いなあと感じ驚きました。

https://twitter.com/milk3198/status/1086989876656918528?s=20

また内通者が誰なのか気になる!といった感想が多かったです。
内通者の予想としてよくあがっていた生徒は、中尾蓮・甲斐勇人・逢沢博己の3人です。

まとめ

今回は「3年A組」第3話のあらすじ、感想、SNS感想をまとめました!

内容をまとめると

  • 主人公の柊一颯に殺されたはずの生徒達は全員生きていた。
  • 景山澪奈のフェイク動画を撮影したのは里見海斗
  • 第4話で里見海斗に動画を撮るように指示したのは自分だと甲斐勇人が自ら自供する。
  • しかし、柊一颯は甲斐勇人の後ろに更なる黒幕がいると言う。
  • 黒幕は、読書モデルの諏訪唯月だと予想。
  • 諏訪唯月は、かつてクラスの人気者だったが水泳選手として活躍する景山澪奈に人気を取られ心を病んだ可能性がある。
  • 諏訪唯月の事を好きだった甲斐勇人は、諏訪唯月を守る為に自分が黒幕だと名乗り出る。
  • 柊一颯と手を組んでいた内通者は西崎颯真だと予想
  • 柊一颯が「第一部は完結です」と言っている事から第4話で景山澪奈の話は終わる可能性が高い。
  • 柊一颯の本当の目的は元教師の郡司真人刑事ではないかと思われる。
  • 第5話からは新たな復讐劇が始まるのが予想される。

以上になります。

ドラマ「3年A組」は毎回、想像していた事と違う展開になりドキドキしますよね。第3話で亡くなったと思っていた生徒が生きていたと分かり安心しました。これからの展開がさらに楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です